もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
みんなのからだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなのからだ

作: ミック・マニング ブリタ・グランストローム
絵: ミック・マニング ブリタ・グランストローム
訳: 百々佑利子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「みんなのからだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年10月5日
ISBN: 9784001162066

幼・1.2年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

鏡をのぞく,耳をすます,においをかぐ,ぴょんととぶなど,子どもたちの日常行動を追いながら,目,耳,鼻…と,からだの各部分の仕組みと働きを示します.同時に人間と動物のからだの仕組みの類似点と相違点を明らかにしたうえで,人間もその他の生きものも含めて,命を守りはぐくむからだの不思議を,父母の視点で伝えます.

ベストレビュー

遊びながら覚えたくなる体のパーツ。

「かがくとなかよし」という副題がついています。(もしかしたらシリーズなのかも)
人間の体のパーツを1つ1つ取り上げて、よく観察してみるとこういうものなんだよ。って、絵本です。子供達の勉強になるかなと思って、借りてきました。
3歳くらいからでも面白く読めると思いますが、どちらかというと、幼稚園位から、小学校低学年向けに書かれていると思います。
例えば「目」。人間の目にも黒や茶色、緑や青い目があること、動物によっては人間とは違う目の機能があることが、いくつかの動物を例にとって語ってくれています。
子供達がとくに面白がったのは、「ほねをなぞってみよう!」というところ。イラストのように肋骨の辺りをなぞってあげたらくすぐったがって大喜び!こういう遊びの中で、「骨」というものを理解してくれるといいな。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

ミック・マニングさんのその他の作品

ダーウィンが見たもの / ママってすごいね! / がぶり もぐもぐ! / あかんぼうがいっぱい!

百々 佑利子さんのその他の作品

蝶の目と草はらの秘密 / カンガルーには、なぜふくろがあるのか / 古代エジプトのものがたり / 古代メソポタミアの物語 ルガルバンダ王子の冒険 / ポプラポケット文庫 ジキル博士とハイド氏 / ポプラポケット文庫 聖書物語



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなのからだ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8




全ページためしよみ
年齢別絵本セット