だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
だいたいいくつ? 数えてみよう・はかってみよう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいたいいくつ? 数えてみよう・はかってみよう

作: ブルース・ゴールドストーン
訳: まつむら ゆりこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784834024760

小学中学年から
29X23cm・28ページ

出版社からの紹介

色とりどりのキャンディーや、青空を飛ぶたんぽぽの綿毛。楽しい写真に誘われてページをめくるうちに、
たくさんの数を「だいたい、いくつか」数えるコツが身につきます。決まった数のかたまりに目をならしたり、
ひとかたまりずつ、ざっと数えたり。ぴったり正確な数字を言い当てる必要などありません。だいたいのところが
わかれば、それで充分。数えるテクニックはもちろんのこと、数と気軽につきあう楽しさも教えてくれる本です。

ベストレビュー

だいたい、って大切

算数が大好きな息子、数字系のお話の絵本を見つけたらとりあえず読みたがります。
この本も、図書館にある数字の絵本の棚から自分で見つけ出してきました。

数を数えるとき、算数の授業中ならともかく日常生活では、「だいたいいくつ」という概念の方が実は有用だったりしますよね。
このくらいなら10くらい、このくらいになると100くらい、といった感覚。

この本では、「だいたいの数」を視覚に訴えて教えてくれます。
最初に出てくるのは、お風呂で遊ぶようなおもちゃのアヒルちゃん。
これが10羽、100羽、1000羽、そして10000羽いたらどのように見えるか・・・
10000という実際の数を目の前にすると、なかなか壮観です。

それから、だいたいの数の数え方。
小さな升目を作ってその中の数を数えて、升目倍する。
長さ・高さのだいたいを測るには、なにか基準になるものを考え、それの何倍くらいかを考える。などなど。

息子と一緒にこの本を読んだのですが、いろいろな写真の中でだいたいの数をクイズのように当てっこしているうちに、だんだん私も息子もだいたいの数のイメージがつかめたような気がしました。

お勉強と肩肘張らずに数字に楽しく親しめる絵本です。
(あんれいさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


まつむら ゆりこさんのその他の作品

風の島へようこそ くりかえし つかえる エネルギー



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

だいたいいくつ? 数えてみよう・はかってみよう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット