メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス! メリー メリー クリスマス!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
クリスマス準備で困っている人は、クリスマスおたすけ隊におまかせ! 親子で楽しいクリスマスが味わえる絵本です。光るページつき!  
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
どうぶつのからだ 3 どうぶつの口
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どうぶつのからだ 3 どうぶつの口

  • 絵本
監修: 増井 光子
編著: ネイチャー・プロ編集室
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784034144305

小学校低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ふくろのようなくちばしの鳥は?カバの口が大きくひらくのはどんなとき? 
クイズ形式で口の持ち主紹介、ちがう理由を説明。

ベストレビュー

カメレオンの舌にはビックリでした。

これは「どうぶつのからだ」というシリーズの1冊で、
ちょっと個性的な動物たちの“口”を紹介した写真絵本です。
特徴のある「口」の王道“ペリカン”から始まり、リス、ライオン、マンタ、カバなど、なるほどなるほどと納得できる生き物が続きますが、
カメレオンを紹介しているページはほかの生き物より1ページ多く、著者のカメレオンに対する想いが強いことがうかがえます。
でも、掲載されている写真はカメレオンの長く伸びる舌が、クローズアップされていて、ちょっと気持ち悪かったです。
「ヨタカ」は、見た目は可愛いほうなのに、口を開けた姿はもう「怪獣」レベルな感じだし、こうやって、じっくり見ないと知らないことって多いんだな〜と、思えるシリーズです。

小学校高学年以上のお子さんたちにお薦めします。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


増井 光子さんのその他の作品

どうぶつのからだ 4 どうぶつの耳  / どうぶつのからだ 5 どうぶつの手と足  / どうぶつのからだ 6 どうぶつのしっぽ  / どうぶつのからだ 1 どうぶつの目 / どうぶつのからだ 2 どうぶつの鼻 / フレーベル館だいすきしぜんどうぶつ パンダ

ネイチャー・プロ編集室さんのその他の作品

動物のちえ(4) 眠るちえ / 動物のちえ(5) ともに生きるちえ / 動物のちえ(3) 育てるちえ / 動物のちえ(1) 食べるちえ / 動物のちえ(2) 身を守るちえ / こん虫のふしぎ(全5巻)



寝かしつけの定番シリーズ、お子さまの感想も募集します!

どうぶつのからだ 3 どうぶつの口

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット