クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
おはなし名画シリーズ(7) マネとモネ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなし名画シリーズ(7) マネとモネ

  • 絵本
文: 小手鞠 るい
出版社: 博雅堂出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,912 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1994年12月
ISBN: 9784938595111

B4変型判 64ページ
作品点数 40点

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

なんて美しい光!そうだ、この光を描ける画家になろう。
おそらくぼくは花のおかげで画家になれたのかもしれない。(モネ)

●エドゥアール・マネ  ”勉強なんか大嫌い”
エドゥアール・マネは1832年1月パリに生まれました。
司法官だったおとうさんはマネにも法律を勉強して、自分とおなじ道をすすんでほしいと願っていました。
ところがマネは、勉強よりも絵をかくことのほうがずっと好きだったので、
ルーヴル美術館にでかけては、そこに飾られている絵をえんぴつでスケッチしていました。

●クロード・オスカール・モネ  ”海の好きな少年”
クロード・オスカール・モネは 1840年11月、パリに生まれました。  
モネが5歳のとき、一家は海のそばにある町ル・アーブルに 引っ越しをします。
モネは17歳まで、ここに住んでいました。
海が大好きだったモネはまい日海辺を走りまわって遊びました。
   

おはなし名画シリーズ(7) マネとモネ

ベストレビュー

降り注ぐ光を絵にして

とても丁寧に書かれていて、マネやモネがどんなふうに考えて、行動していたのかや、彼らの絵で当時の人たちの暮らしぶりや雰囲気がよく伝わってきて、とても見ごたえがあります。
モネの絵の、光の射す水辺や、女性のドレス、木々などは本当に美しいです。
20年くらい前に、オランジュリーでぼんやり座って周りの水連の絵を見た記憶がよみがえってきました。
こういう本を読んで、いつか本物を見てほしいなと思います。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小手鞠 るいさんのその他の作品

ねこの町のリリアのパン / きみの声を聞かせて / あんずの木の下で / きょうから飛べるよ / お手紙ありがとう / くろくまレストランのひみつ



『からだ♡あいうえお』 吉澤穣治さんインタビュー

おはなし名画シリーズ(7) マネとモネ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット