あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おはなし名画シリーズ(7) マネとモネ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなし名画シリーズ(7) マネとモネ

  • 絵本
文: 小手鞠 るい
出版社: 博雅堂出版

本体価格: ¥2,912 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おはなし名画シリーズ(7) マネとモネ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1994年12月
ISBN: 9784938595111

B4変型判 64ページ
作品点数 40点

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

なんて美しい光!そうだ、この光を描ける画家になろう。
おそらくぼくは花のおかげで画家になれたのかもしれない。(モネ)

●エドゥアール・マネ  ”勉強なんか大嫌い”
エドゥアール・マネは1832年1月パリに生まれました。
司法官だったおとうさんはマネにも法律を勉強して、自分とおなじ道をすすんでほしいと願っていました。
ところがマネは、勉強よりも絵をかくことのほうがずっと好きだったので、
ルーヴル美術館にでかけては、そこに飾られている絵をえんぴつでスケッチしていました。

●クロード・オスカール・モネ  ”海の好きな少年”
クロード・オスカール・モネは 1840年11月、パリに生まれました。  
モネが5歳のとき、一家は海のそばにある町ル・アーブルに 引っ越しをします。
モネは17歳まで、ここに住んでいました。
海が大好きだったモネはまい日海辺を走りまわって遊びました。
   

おはなし名画シリーズ(7) マネとモネ

ベストレビュー

成功した彼に拍手を

「落選展」に飾られたマネの絵を見た人たちが
「こんなおかしな絵は見たことがない」と馬鹿にしようとも、
マネは自分の絵に自信を持っていたという事に感心しました。

そこで諦めてしまう人が多い中、
確固たる信念をもって作品をつくり続け、成功した彼に拍手を送りたいです。

そんな事を思いながら読みすすめたところ、
「モネ」の章で彼はその絵に心奪われたと書かれていて、
とても興味が湧き、最後まであっという間に読んでしまいました。

有名画家たちが次々に誕生した、この贅沢な時代・・・
この時代に生きていた人たちが羨ましいと思いました。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

小手鞠 るいさんのその他の作品

きみの声を聞かせて / あんずの木の下で / きょうから飛べるよ / お手紙ありがとう / くろくまレストランのひみつ / やくそくだよ、ミュウ



ともだちってなんだろう?

おはなし名画シリーズ(7) マネとモネ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット