ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
たまご+うんち=いくら さんすう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たまご+うんち=いくら さんすう

  • 児童書
作: 山下 明生
絵: 曽我舞
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年07月
ISBN: 9784652002223

小学初級〜中級向

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

さんすうの出前をたのんだら,トカゲがあらわれてきょうりゅうパークへつれていかれた。そこで出された計算問題はむずかしい?

ベストレビュー

小学校1,2年生の勉強が苦手な子に

低学年向けの児童書です。
「山下明生の空とぶ学校」というシリーズの2冊目で、折込部分の説明を見ると、
シリーズ1冊1冊が学校の時間割のように組まれていて、この本は2時限目“さんすう”でした。

それぞれの巻が、学校の教科に関係ある内容のようで、
小学校の1,2年生で学校の勉強がちょっと苦手なお子さんたちが
読んだら楽しいんじゃないかな?と思いました。

今回の“さんすう”の会は、なぜか主人公の男の子が恐竜世界に行って、数を数える羽目になり……。
危うく恐竜たちに食べられそうになったりしますが、全体的にはワクワク楽しいストーリーになっていて、
ついでにクイズ形式で算数の計算も身につく(?)ようになっています。

なかなか面白い作りのシリーズです。
気になるので、ほかの時間割≪シリーズの他の巻≫も探してみようと思っています。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

山下 明生さんのその他の作品

だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく / ドングリさがして / 長新太の島・かいぞくオネション

曽我舞さんのその他の作品

地下の国のティーパーティー / 風になった忍者 / ポニーにのろう / まねっこきょうだい / 犬をふたりで半分こ / 子ねこちゃん、みーつけた



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

たまご+うんち=いくら さんすう

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット