あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
ピーマンマンのあ・そ・ぼっていえるかな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピーマンマンのあ・そ・ぼっていえるかな

  • 絵本
作: さくら ともこ
絵: 中村 景児
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「ピーマンマンのあ・そ・ぼっていえるかな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年06月
ISBN: 9784569684024

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

内容:おもちゃをもっていても、それだけじゃおもしろくない。ともだちほしいな! でも、ともだちをつくるには、なんていえばいいのかな? 

解説:ピーマンマンは、おもちゃをいっぱいもっています。だけど、ひとりぼっち。だから、ともだちがほしいなあっと思っていました。でも、どうすれば、ともだちをつくることができるのでしょうか?
 おみせやさんにいっても、ともだちは売っていません。おまわりさんや、おいしゃさんに聞いても、わかりません。こうえんには、こどもたちがいっぱいいます。でも、いきなりとびついたら、おこりだすかもしれません。
 こんなときは、なんて言えばいいのかな? ピーマンマンは、まほうのランプをこすって教えてもらうことにしました。すると、ふしぎなけむりがでてきて「あそぼ」って言えばいいことがわかりました。そこで、ピーマンマンは勇気をだして声をかけることにしたのですが……。
 「こんなときなんて言えばいいの?」と子どもたちが疑問に感じることを絵本で紹介するシリーズの第1弾です。子どもたちに人気のピーマンマンが主人公の物語です。

ベストレビュー

勇気をだしていってみよう!

ピーマンマンシリーズです。

新しいほうのピーマンマンシリーズです。

友達を作ろうと思ったけど、どうすればいいのか

分からないピーマンマン。

あそぼの一言って結構勇気いりますよね。

その言葉がなくても遊べる場合もありますが、

あそぼと一言いえたら、そのあとも会話が

弾む気がします。

ひとつのきっかけとしてあそぼという言葉は

いい言葉だと思います。

公園デビュー、入園など、スタートには

味方してくれる言葉だと思います。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


さくら ともこさんのその他の作品

さあ!おかたづけ / おなまえいえるかな? / おふろだいすき! / みんなでやろう ジャックとまめのき / おひさまぱんころりん / ピーマンマンはげんきのみかた!

中村 景児さんのその他の作品

おしごとのおはなし パティシエ 父さんはドラゴン・パティシエ / おおきなキャベツ / ぼくは、いつでもぼくだった。 / がんばれ!ねずみのおてつだい / ピーマンマンの いただきますって いえるかな / グリーンマントのピーマンマン (よみきかせ大型絵本 )



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ピーマンマンのあ・そ・ぼっていえるかな

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット