宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ゆきをみつけたよ!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきをみつけたよ!

作・絵: ジェイン・ヒッセイ
訳: ルミ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ゆきをみつけたよ!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784034252703

3・4歳から

ベストレビュー

いろんな雪がいっぱい

これはクマ、シマウマ、キリン、ウサギなど7人のヌイグルミたちが繰り広げるお話。
季節は冬。雪を見たことがないキリンは、雪が降るのが待ち遠しい。雪はどんなものなのか、他のぬいぐるみそれぞれが、ガラス玉のおもちゃ、小麦粉、お風呂の泡、紙吹雪で雪をイメージして遊びます。シーツを使ってそり遊びして、ぶつかったクッションから出てきた羽毛を窓辺に置いていたら、本物の雪が降ってきました。

ヌイグルミが主人公なので、とってもメルヘン。絵もリアルな感じがするけど、本当に心があるようでかわいらしいです。みんなでいろいろアイデアを出し合って、小さな疑問をさりげなく諭すようなセリフがあったりして、なかなか面白いです。本物の雪も見れたキリン、でも一番よかった雪は、雪の形をしたビスケットだった・・・なんて、子供らしくてかわいいです。今の季節にぴったりで、心が温かくなります。
雪を見たことがないお子さんには夢が膨らむ一冊だと思います。
(ぽぽろんさん 20代・ママ 女の子4歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジェイン・ヒッセイさんのその他の作品

まいにちがたんじょうび / ちびくまのかくれんぼ / だいじなだいじなあかいズボン

ルミさんのその他の作品

あのね、わたしのたからものはね



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ゆきをみつけたよ!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット