ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
イワンとがらくたべやのともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

イワンとがらくたべやのともだち

作・絵: マルタ・コチ
訳: 関根 栄一
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「イワンとがらくたべやのともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

子どもたちは、がらくたを捨てきれないばかりか、おとなが見捨てたがらくたまで集め回る名人です。空き地や路地裏を遊び回って、持ち主に捨てられたがらくたを宝物のように見つけてきます。子どもたちは新しい、優しい主人です。そんなイワンのお話です。

ベストレビュー

子供にはがらくたも大事。結末はいまひとつ

4階建ての豪邸(だと私は思うんですけど。4階もあるんだもの)に住むイワン。4階はがらくた部屋にしてあるので、イワンはそこでよくあそびます。長いすのボヨンの上でくつろいだり、ねずみのチュータンと遊んだり。でもある日、ママががらくたを粗大ゴミにぜんぶ出して4階をからっぽにしてしまいます。イワンはごみ置き場まで追いかけますがボヨンは潰れています。ようやくみつかったチュータンと悲しく帰宅。

なんでねずみが連れて行かれちゃうかな?普通逃げてしまうけど。

あと、結末がいまひとつ。悪くはないけど、かなり悲しい終わり方。日本だったらママの救いの一声があるとか、ボヨンが何とか帰ってくるとか、耐えられるように代わりにボヨンについている小さなボタンでも持ってくるとか(ついてるか分からないけど)、子供が悲しくないようなもうひとつ何かをつけそうですが、、、この絵本の場合外国なのでアリだけど、もうひとつクッションがあっても良かったかも。

悪くはないですよ。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!

関根 栄一さんのその他の作品

うみねこいわてのたっきゅうびん / ころちゃんとはたらくじどうしゃ / じゅうにしのはなし(チャイルド本社刊)



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

イワンとがらくたべやのともだち

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット