もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
それは、あらしの夜だった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

それは、あらしの夜だった

作: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
絵: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
訳: 佐野 洋子
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,748 +税

「それは、あらしの夜だった」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ヤギの番をしていたアントニオは、あらしの夜、山賊に捕まってしまいました。退屈した山賊は「何か話をしろ」とアントニオを脅します。第42回産経児童出版文化賞推薦受賞。

ベストレビュー

お話をじっくり聞ける大きい子向け!

この夫妻の絵本は、私自身が気に入ってます。
で、中も見ずに借りてきました。
読み始めて、うっ、なが〜い!
それに、ちょっとくど〜い!(お話の中のできごとなのか、実際に起こってることなのか、一応区別できるように書かれてはいるのですが・・・聞いてる人にはわかりにくいかも?!)

でも、内容自体はハラハラドキドキの冒険物で、ていねいに描かれた絵を見るのもすごく楽しいです。
我が家の場合、結局娘たちは飽きてしまい、最後まで聞いてくれたのは、長男だけでした。
これくらいの絵本が理解できるようになると、ぐ〜っと世界が広がるんですけどね〜。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳)

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

ジャネット・アルバーグさんのその他の作品

大判 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス / なにみてる? / ドロボービルのものがたり / ゆかいなゆうびんやさんのだいぼうけん / どろぼうたちに気をつけろ / 大地の主のものがたり

アラン・アルバーグさんのその他の作品

3びきのくまとおんなのこ / えんぴつくん / そのまたまえには / だれも欲しがらなかったテディベア / ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス / 1年生になりました!

佐野 洋子さんのその他の作品

ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おいで、もんしろ蝶 / おばけサーカス / 死ぬ気まんまん / パンツのはきかた



好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

それは、あらしの夜だった

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット