ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
サンタクロースとちいさな木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

サンタクロースとちいさな木

  • 絵本
作・文: エアーダイブ
出版社: Dybooks

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,280 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ずっと、ずっと遠くの「サンタクロース島」という
小さな島で繰りひろげられる
とってもやさしい「サンタクロース」と
とってもよわむしな「ちいさな木」のおはなし。

とってもよわむしな木は、サンタさんが大好き。
サンタさんと木はいつでも、どこでも一緒。
木は、大好きなサンタさんの元で少しずつ成長していくが、
大きなあらしに遭い、木はひとりぼっちに・・・。

ずっと、ずっと遠くのサンタクロース島で・・・
クリスマスにふりつもる小さな奇跡・・・

クリスマスに贈る素敵な素敵な物語。

ベストレビュー

クリスマスにふりつもる小さな奇跡

この絵本は、
「誰かにしてもらうだけでなく、
 自分からしてあげることで、
 自分の幸せがもっと多くの幸せになる」
ということがテーマだそうです。


ずっと、ずっと遠くの「サンタクロース島」の、
優しい、赤い帽子ならぬ王冠をかぶった「サンタさん」と
サンタさんに助けられた、弱虫な「ちいさな木」のお話です。

弱虫な木は、サンタさんが大好きで、
助けられて以来、いつでもどこでも一緒です。

でも、木は少しずつ成長して、
いつでもどこでも一緒にいることは難しくなってきます。

そんな時、2人は大きなあらしに遭い、
木は見知らぬ島にひとりぼっちになってしまいます・・・。
・・・この続きは、読んでのお楽しみ。

巻末に、サンタさんからの小さなプレゼント付きで、
とっても嬉しい気持ちになります。


木は一体どうなってしまうのか、
またサンタさんと会うことが出来るのか、
ドキドキしながら読みました。

可愛らしい絵柄も、とっても素敵です。
シリーズ化されるようなので楽しみです。

北海道発のこの絵本が、
新しいクリスマスの定番絵本となるよう、
道産子は祈っております☆
(ももうさ♪さん 20代・ママ 女の子2歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エアーダイブさんのその他の作品

トロとイヴ / サンタクロースとしまのゆうびんやさん / サンタクロースと50ぴきのトナカイ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

サンタクロースとちいさな木

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット