雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
きつねのよめとり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きつねのよめとり

作・絵: 大友 康夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥662 +税

「きつねのよめとり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

東北訛りがきつかったけど、面白い作品!

先日、福音館から出ている「こどものとも」の50年分を記録した『おじいさんがかぶをうえました』という本を読んで、この絵本の表紙絵に魅力を感じ、図書館で探してきました。
なにせ、この絵本は絶版になっているので、なかなか手に入らないんです。

絵本についていた折り込み付録を見ると、
「こどものとも」358号<1986年>の作品でした。
折り込み付録には作者大友さんの、この絵本への想いが書かれていました。
作品自体も面白いお話でしたが、大友さんの後書きを読んで、作者の思惑は、ほぼ成功しているなぁと、感心しました。
なんと、この昔話を創作するにあたって、ベースにしたのは「グリムの昔話」「こうさぎのおよめさん」だそうです。
こんなことを知ってしまうと、「こうさぎのおよめさん」も読みたくなります!

ナビでまだ読んでいる人は少なかったけど、
きつねに連れ去られたり、無理やりお嫁さんにさせられそうになったり、ドキドキハラハラの連続ですが、最後に無事に家に帰れる安心感ありで、素直に面白かったです。
ただ、わざとだと思うのですが、東北訛りをかなりつかって書かれているので、声に出して読み辛かったし、あまり小さなお子さんだと、意味が分からずチンプンカンプンではないかと思います。
(一応、欄外に(注)がありますが…)

お話を聞くことに慣れているお子さんなら、4,5歳から、慣れていない子なら7歳くらいから小学校の高学年くらいのお子さんまで、楽しめるんじゃないかと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

出版社おすすめ


大友 康夫さんのその他の作品

3人のまじょとドラゴン(3) あくまのデクノボッチ / 3人のまじょとドラゴン(4) なぞなぞようかい / 3人のまじょとドラゴン(1) 3人のまじょとドラゴン / 3人のまじょとドラゴン(2) カエルのおうじさま / くずのはやまのきつね / くまくんのはる・なつ・あき・ふゆ(4冊セット)



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

きつねのよめとり

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット