宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
アマガエルとくらす
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アマガエルとくらす

作: 山内祥子
絵: 片山健
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「アマガエルとくらす」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784834019087

自分で読むなら 小学中学年から

出版社からの紹介

この本の著者は、自分の家の窓を3年続けて訪れたアマガエルと14年間も一緒にすごしました。四季を通じたカエルの様子や人間との交流が、飾りのない文章で語られる本です。

ベストレビュー

カエルと14年も心通わす実話にジーン。

全く考えたこともなかった。アマガエルを飼ったり、しかも心を通わせたりするなんてことを・・・。
でも、これは、実話なのです。本当に驚きです。
餌は、ハエだから、いちいち捕っては、手にとって与えなくてはならないのだから、大変である。でも、実に事細かい記録、その共同生活ぶりに、これは作者の立派な家族で、その成長記録であることがわかるのだ。
しかし、どんな生き物にも最後の時が訪れるわけで、この最後というのが、なんだかとっても泣けてしまうのです。

(はなしんさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


片山 健さんのその他の作品

とんねるをぬけると / あったかいな / だーれもいない だーれもいない / きはなんにもいわないの / ぼくからみると / とくんとくん



>絵本エイド ―こころにひかりを―

アマガエルとくらす

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット