十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
氷の海を追ってきたクロ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

氷の海を追ってきたクロ

作: 井上 こみち
絵: ミヤハラヨウコ
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年12月
ISBN: 9784052032813

A5 128頁

出版社からの紹介

戦争が終わっても帰国できず、シベリアの地で働かされていた日本人たちがいたのを知っていますか?そんな人々の心をなぐさめたのは、一匹の黒い犬でした。クロと名づけられかわいがられた犬は、人々が日本に帰る船を追って氷の海にとびこんだのです。

ベストレビュー

戦争に取り残された物語

戦争が終わって10年もの間日本に帰れなかった人たちがいた。
シベリアに抑留され、戦争が終わっても捕虜(?)として強制労働を強いられていた人たちがいた。
事実でありながら歴史に埋もれてしまって、戦争の話題からは切り離されてしまったような人たちがいた。
何よりも、この本はそのことを伝えるために書かれた本だと思います。
抑留と強制労働を強いられてきた日本人は、生きるため、日本に帰るという希望を失わないために助け合ってきました。
そして、打ちのめされそうになったときに助けてくれたのが一匹の犬。
抑留兵たちの努力で一緒に生活するようになった子犬は、クロと名付けられます。
彼らの生活の中で支えとなり、彼らが助け合える力となりました。
一匹の犬の力がこれだけすごいのだということに感動です。
最後の抑留兵1,025名が日本に帰還できる時がやってきました。
クロと離れがたい川口さんがクロを外套に隠して列車で一緒に移動してきたことが次の感動を呼びます。

乗船させてもらえなかったクロは、船が出港するや氷の海に飛び込んで、船を追いかけ始めるのです。
犬の習性といえばそれまでかもしれません。
そんなクロを助け上げた人々も素晴らしい。

日本に帰国して、クロは抑留兵たちとは離別させられました。
ノンフィクションだから、淡々としています。
それでもクロが幸せに暮らしたということにホッとさせられます。
事実の重みを感じるお話です。
動物愛護と戦争の悲惨を痛感させてくれる本です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


井上 こみちさんのその他の作品

野馬追の少年、震災をこえて / ハヤト、ずっといっしょだよ / 人の手で育てられたラッコ マナちゃん / 犬と人をつなぐ ドッグトレーナー宮忠臣 / おかえり!盲導犬ビーン / 往診は馬にのって

ミヤハラヨウコさんのその他の作品

宇宙スパイウサギ大作戦(7) まぼろしの宇宙怪鳥 大接近?! / くまのごろりんと川のひみつ / ハセイルカのハルカが泳いだ日 / ハンバーガーはキケンなにおい!? / くまのごろりんあまやどり / くまのごろりん まほうにちゅうい



マグネットピースが付いた、きせかええほん!

氷の海を追ってきたクロ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット