もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
星月夜の音
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

星月夜の音

作: かんの ゆうこ
絵: 東儀 秀樹
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

この物語の絵を描いたことで、篳篥(ひちりき)という楽器にいっそうの愛情をもった。――東儀秀樹
「ぼうやは お星さまに いったい どんな おねがいをしたの?」「あのね かあさんと いつまでもずーっと いっしょに いられますように……って」――<本文より>
心と心を結ぶ、篳篥の音が響く……。魂をゆさぶる、地上の愛と絆の物語。雅楽の音色から生まれた絵本・三部作、完結……。

ベストレビュー

きつねの親子の心、篳篥(ひちりき)

「人間の声」を表す和楽器といわれる篳篥(ひちりき)。
それは葦を削って作ったリードを竹に差し込んだ縦笛だそうです。
その魂をゆさぶる音色をモチーフとしてこの絵本が生まれました。
引き裂かれたきつねの親子の悲しみが葦と竹に宿り、
優しく切ない旋律を奏でます。

雅楽の絵本三部作の完結編で、雅楽が聴きたくなります。
大人向けでしょうが、子ども達にも届けたいおはなしです。
(レイラさん 30代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

かんの ゆうこさんのその他の作品

ソラタとヒナタ おはなしのバトン / はりねずみのルーチカ トゥーリのひみつ / はりねずみのルーチカ 人魚の島 / ソラタとヒナタ みえない星空 / はりねずみのルーチカ フェリエの国の新しい年 / ソラタとヒナタ ともだちのつくりかた

東儀 秀樹さんのその他の作品

東儀秀樹と雅楽を観よう / 絵本&CD 光り降る音・天つ風の音・星月夜の音 / 天つ風の音 / 光り降る音



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

星月夜の音

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット