なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
星月夜の音
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

星月夜の音

作: かんの ゆうこ
絵: 東儀 秀樹
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「星月夜の音」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

この物語の絵を描いたことで、篳篥(ひちりき)という楽器にいっそうの愛情をもった。――東儀秀樹
「ぼうやは お星さまに いったい どんな おねがいをしたの?」「あのね かあさんと いつまでもずーっと いっしょに いられますように……って」――<本文より>
心と心を結ぶ、篳篥の音が響く……。魂をゆさぶる、地上の愛と絆の物語。雅楽の音色から生まれた絵本・三部作、完結……。

ベストレビュー

きつねの親子の心、篳篥(ひちりき)

「人間の声」を表す和楽器といわれる篳篥(ひちりき)。
それは葦を削って作ったリードを竹に差し込んだ縦笛だそうです。
その魂をゆさぶる音色をモチーフとしてこの絵本が生まれました。
引き裂かれたきつねの親子の悲しみが葦と竹に宿り、
優しく切ない旋律を奏でます。

雅楽の絵本三部作の完結編で、雅楽が聴きたくなります。
大人向けでしょうが、子ども達にも届けたいおはなしです。
(レイラさん 30代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本

かんの ゆうこさんのその他の作品

ソラタとヒナタ ともだちのつくりかた / はりねずみのルーチカ りんごとれるかな? / はりねずみのルーチカ ハロウィンの灯りー / はりねずみのルーチカ 星のうまれた夜 / えほん はりねずみのルーチカ / はりねずみのルーチカ ふしぎなトラム

東儀 秀樹さんのその他の作品

絵本&CD 光り降る音・天つ風の音・星月夜の音 / 天つ風の音 / 光り降る音



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

星月夜の音

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット