しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
そらをとぶふね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そらをとぶふね

  • 絵本
作: 西郷 竹彦
絵: 滝平 二郎
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,262 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

正直もののイワンが,おじいさんたちの超能力で悪がしこい王さまを追放します。ロシアの代表的民話を,すてきなきりえで絵本化。

ベストレビュー

空飛ぶ船の行く末は?

普段あまり手にすることのないロシア民話。滝平二郎さんの切り絵が親しみ易くて手に取りました。

お話は3人兄弟の末っ子の成功物語。かの国でもやはり、一番末っ子が出来が良いのですね。日本の話にもよくありますよね。3人兄弟の末っ子が思いやり深かったり、賢かったりする話。

面白かったのは、いろいろな特技をもった人が末っ子を助けるのですが、それがみんなおじいさんだということ。耳のとんでもなく良く聞こえる老人や走るのがずば抜けて速いおじいさん、現実味がないのですが、痛快でした。

誠実に働いているといつかは報いられること。見かけより中味が大切なこと。個々の突拍子もない能力も統合的に使えば、万の力になること。ずるい者は滅びること・・・などなど、当たり前のことが当たり前に語られています。教訓めいたテーマを毛嫌いする前の、幼い子供のほうが喜ぶかもしれません。

そらをとぶふねは王様のお城へ着いてからは登場しません。それが少々残念でした。
(えっこさん 40代・ママ 男の子12歳、女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

西郷 竹彦さんのその他の作品

めめめんたま / 日本みんわ絵本のシリーズ あまみのけんむん / しまのおばけケンムン / 兵六ものがたり / ニャーンといったのはだーれ / かもとりごんべえ

滝平 二郎さんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(10) 古田足日子どもの本 / The Tree of Courage モチモチの木 (英語版) / たなばたさま / 滝平二郎 きりえかるた 江戸いろは 児童版 / ビッグ・えほん「半日村」 / ビッグ・えほん モチモチの木



『そのままのキミがすき』『あなたなんてだいきらい』きむらゆういちさんインタビュー

そらをとぶふね

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット