しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ねずみのヨーニーどんないろ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねずみのヨーニーどんないろ?

  • 絵本
作: イングリート・オストヘーレン
絵: アニエス・マチウ
訳: 佐々木 田鶴子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,460 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねずみのヨーニーどんないろ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年06月
ISBN: 9784062619684

A4変型 24ページ

出版社からの紹介

世界中で評判のベストセラー絵本をあなたに!
くいしんぼうで、いたずらが大好きなねずみのヨーニー。ある日、魔法で体の色がかわってしまいました。赤くなったり、青くなったり。さあ、たいへんです!

ベストレビュー

4歳娘も9歳息子も私も楽しめた一冊!

4歳の娘が図書館から借りてきました。

表紙を見るだけでなんだかとっても面白そうな絵本!
私も読む前からワクワクでした。

さて、お話は、ねずみのヨーニーが
魔法を使えるおばあさんに、
「たべたものに色が変わる」という魔法をかけられてしまって、
大変な思いをするお話。

なんせネズミ色のたべものって、そうそうない!
結局何を食べてねずみ色に戻ったかというのが
これまたおかしくて、
側で聞いていた9歳兄も、思わず噴出していました。

とっても色彩の美しい挿絵に、
でも思わず笑っちゃうようなシーンもあり、
最後もとってもいいオチでした。
4歳の娘にはちょっと長いお話でしたが、
やっぱりとっても面白かったのか、
頑張って最後までついてきていましたよ!

小学生の兄も楽しんでいた一冊。
これは年齢層幅広く楽しめる絵本だなぁと思います。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

佐々木 田鶴子さんのその他の作品

魔法の学校 −エンデのメルヒェン集 / ただいま! マラング村 / はだかのサイ / バッタさんのきせつ / 岩波少年文庫 グリム童話集 下 / 岩波少年文庫 グリム童話集 上



葉祥明さんの描く不朽の名作、好評につき第2弾

ねずみのヨーニーどんないろ?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット