ひよこさん ひよこさん
作: 征矢 清 絵: 林 明子  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
いのちつぐ「みとりびと」(1) 恋ちゃんはじめての看取り
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いのちつぐ「みとりびと」(1) 恋ちゃんはじめての看取り

  • 絵本
文・写真: 國森 康弘
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年01月
ISBN: 9784540112652

AB 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

【シリーズ】おおばあちゃんを看取る小学生、故郷の自宅で最期を迎えたおばあちゃん、在宅医療を支える医師の営みなどを通して看取りの現場を活写。あふれんばかりの生命力と愛情―「いのちのバトン」をしっかりとリレーした、あたたかな看取りの世界、人の絆を臨場感豊かに描く写真絵本。

【第1巻】おおばあちゃんの死と向きあう恋ちゃん(小5)の想いをたどりながら、あたたかな看取りの世界を臨場感あふれる写真・文で描く。

ベストレビュー

命のバトン

小学5年生の恋ちゃんが、おおばあちゃんを看取った記録を
写真で綴る、写真絵本です。

数ページめくっただけで、涙が溢れてきました。
臨場感溢れる、写真。

おおばあちゃんは、亡くなる1週間ほど前から布団から
出られなくなっていたとのこと。家族の皆さんは、
それなりに覚悟の上での看取りだったのだと思います。

家族のみなさんの悲しみ、そして恋ちゃんの悲しみが写真から
溢れだしています。でもそれ以上に、家族のみなさんの
おおばあちゃんに対する愛情が溢れ出ていたように感じます。
最後、家族のそして恋ちゃんの笑顔が見られて良かったです。

あとがきに、心に響く言葉が書かれてあります。
身近な人の死は、いろんなことを教えてくれるんですよね。
恋ちゃんも、この経験からいろんなことを教わったことでしょう。

余談ですが、うちの子は小4の時におばあちゃんを看取りました。
なので、恋ちゃんの姿と息子の姿をダブらせながら読みました。

子どもが死と向き合う機会なんて、滅多にあるものではありませんから、
子どもが看取った、というところがポイントなんでしょう。
しかしながら、子どもだけではなく大人にも是非読んでもらって、
親子で死について語る機会をもつのも良いのでは?と思います。

大人にも是非読んで欲しい1冊です。
(どんぐりぼうやさん 30代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


國森 康弘さんのその他の作品

アンネのバラ 40年間つないできた平和のバトン / いのちつぐ「みとりびと」(4) いのちのバトンを受けとって / いのちつぐ「みとりびと」(3) 白衣をぬいだドクター花戸 / いのちつぐ「みとりびと」(2) 月になったナミばあちゃん



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

いのちつぐ「みとりびと」(1) 恋ちゃんはじめての看取り

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット