十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

いのちつぐ「みとりびと」(1) 恋ちゃんはじめての看取り」 みんなの声

いのちつぐ「みとりびと」(1) 恋ちゃんはじめての看取り 文・写真:國森 康弘
出版社:農山漁村文化協会(農文協)
本体価格:\1,800+税
発行日:2012年01月
ISBN:9784540112652
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 命のバトン

    小学5年生の恋ちゃんが、おおばあちゃんを看取った記録を
    写真で綴る、写真絵本です。

    数ページめくっただけで、涙が溢れてきました。
    臨場感溢れる、写真。

    おおばあちゃんは、亡くなる1週間ほど前から布団から
    出られなくなっていたとのこと。家族の皆さんは、
    それなりに覚悟の上での看取りだったのだと思います。

    家族のみなさんの悲しみ、そして恋ちゃんの悲しみが写真から
    溢れだしています。でもそれ以上に、家族のみなさんの
    おおばあちゃんに対する愛情が溢れ出ていたように感じます。
    最後、家族のそして恋ちゃんの笑顔が見られて良かったです。

    あとがきに、心に響く言葉が書かれてあります。
    身近な人の死は、いろんなことを教えてくれるんですよね。
    恋ちゃんも、この経験からいろんなことを教わったことでしょう。

    余談ですが、うちの子は小4の時におばあちゃんを看取りました。
    なので、恋ちゃんの姿と息子の姿をダブらせながら読みました。

    子どもが死と向き合う機会なんて、滅多にあるものではありませんから、
    子どもが看取った、というところがポイントなんでしょう。
    しかしながら、子どもだけではなく大人にも是非読んでもらって、
    親子で死について語る機会をもつのも良いのでは?と思います。

    大人にも是非読んで欲しい1冊です。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なことを教えてくれます

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    写真絵本で
    ノンフィクション?
    本当にあった出来事を
    写真で伝えてくれています

    おおばあちゃん
    この辺では、「おっぴちゃん」と
    親しみこめて呼んでいます
    祖母の母、曾祖母ですね

    恋(れん)ちゃんとの関わり
    家族との関わり
    が、温かい視点で
    伝えられています

    「死」というと
    どうしても病院・病気・事故・・・と
    悲しい場面を思い浮かべますが
    恋ちゃんのおおばあちゃんは
    おうちでの大往生です
    家族みんなに看取られて

    1番幸せなことだと
    私は思います

    あとがきも是非、じっくり読んでください
    今のこども達に
    伝えたいことです
    その親達にもかな?

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット