ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
カモのきょうだい クリとゴマ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カモのきょうだい クリとゴマ

  • 児童書
作: なかがわ ちひろ
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カモのきょうだい クリとゴマ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年08月
ISBN: 9784752005575

22cm/144ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

卵からかえったのは…あまえんぼうのクリ、くいしんぼうのゴマ。二羽がわが家で育って旅立っていった、ひと夏のお話です。

ベストレビュー

カルガモを育てたドキュメンタリー

2012年度全国読書感想文コンクール小学校中学年の部課題図書。
作者がなかがわちひろさんなので、創作童話かと思ったら、なんと実話のドキュメンタリーでした。
わたしのうちにやってきたのは、カルガモの卵。
息子さんが、台風で巣から流されそうなところを助け、持ち帰ったのです。
いくつかは孵化しなかったものの、無事ヒナとなった2羽の世話が始まります。
クリとゴマと名づけられたヒナたちの成長の記録ですが、とても興味深いですね。
野生動物ですから、いづれは野性に戻すことも視野に入れての試行錯誤のエピソードは
貴重です。
かわいいけど、フンがくさい、などは実にリアルなエピソードです。
家族ぐるみで様々な問題に向き合う姿も素晴らしいです。
絵本や物語の中でもよく描かれているカルガモだけに、とても親近感があり、
なかがわさんのお子さんたちが積極的に育てている姿もあって、
グイグイと読み終えることができると思います。
(レイラさん 40代・ママ 男の子18歳、男の子16歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


なかがわ ちひろさんのその他の作品

まほろ姫とにじ色の水晶玉 / きょうりゅうたちのクリスマス / サイモンは、ねこである。 / ペペットのえかきさん  / おたすけこびとのにちようび / きょうりゅうたちがけんかした



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

カモのきょうだい クリとゴマ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット