ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
リスベート・ツヴェルガーの世界
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リスベート・ツヴェルガーの世界

  • 絵本
著: リスベート・ツヴェルガー
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,300 +税

「リスベート・ツヴェルガーの世界」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年07月01日
ISBN: 9784776405443

28×23cm 120頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

美しい色彩と可憐で独特の造形。
絵本の扉を開くと、私たちをたちまち物語の世界へ 引き込んでしまうリスベート・ツヴェルガーの絵。
数々の美しい本をつくり、1990年に36歳の若さで国際アンデルセン賞画家賞を受賞した画家の35年余り
の画業をとじこめた作品集です。
1975年の未発表作品からデビュー作『ふしぎな子』や『ブレーメンの音楽隊』『オズの魔法使い』
そして2009年の『ハーメルンの笛吹き男』、まで絵本24作品、100点以上の絵を収録。
リスベート・ツヴェルガー自身のエッセイやアトリエの写真、スケッチなども含まれています。

ベストレビュー

ツヴェルガーの絵と向かい合える本

ツヴェルガーの絵は好きなのですが、ツヴェルガーの関わる作品は文章が多くて、物語に追いやられたような存在に、少々がっかりすることが多いのですが、この本は、ツヴェルガー本人に向き合えるようで、今までのストレスが払拭されました。
絵本作家というよりも、絵そのもので物語を語れる画家だと思います。
とても美しく、存在感のある本です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リスベート・ツヴェルガーさんのその他の作品

クリスマスの物語 ライオンと一角獣とわたし / おやゆびひめ / モルゲンシュテルンのこどものうた / ノアの箱舟 / ハーメルンの笛吹き男 / 白鳥の湖



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

リスベート・ツヴェルガーの世界

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット