もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あなたはだれ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あなたはだれ?

  • 絵本
作: シャーロット・ゾロトウ
絵: ライス・キャサル
訳: みらい なな
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,450 +税

「あなたはだれ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

シャーロットが初めて赤ちゃんを生んだすぐあとに、この絵本は書かれました。
 赤ちゃんが生まれて、名前はビリーとなりましたが、お母さんはビリーって呼びません。
なんて呼んだかというと、
  「ちいさい あひるさん」とか
  「ちいさい かえるちゃん」
  「ちいさい くまさん」
  「ちいさい うさぎさん」
 としか呼びません。だって、あひるやかえるやくまにそっくりだったからです。
 ところが、ある日のこと、赤ちゃんは、人間の子どもでなければできないことをしたのです。赤ちゃんは自分の足で立ち、初めて「ママ」と呼んだのです。
 母さんは思わず、赤ちゃんを抱きしめて、赤ちゃんの名前を呼びました。
 「ビリー!」
 あなたは、この世界で、たった一人、ビリーよ!

 お母さんの嬉しさ、赤ちゃんの誇らしさが、感動的です。

ベストレビュー

赤ちゃんが子どもになるとき

生まれたばかりの赤ちゃんは、何とも不思議な「生き物」です。
まだ親のこともわからない赤ちゃんは、気ままに泣いたり怒ったり笑ったり…、寝ている時、ミルクを飲んでいる時、遊んでいる時…。
そんな赤ちゃんを、お母さんはさまざまな生き物になぞらえて呼びかけます。
そして…、初めて赤ちゃんから「ママ」と呼ばれたとき、心から赤ちゃんを名前で呼んで抱きしめるのです。
親として一度だけ出会える至福の瞬間を、素晴らしい表現でまとめています。
何と懐かしい時を思い出させてくれる絵本でしょう。

(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

シャーロット・ゾロトウさんのその他の作品

かあさん、だいすき / そらはあおくて / おやすみおやすみ / おにいちゃんといもうと / いっぽ、にほ・・・ / おとうさん

みらい ななさんのその他の作品

おいっちにおいっちに / おおきいうさぎとちいさいうさぎ / くものがっこうえんそく / くものがっこう / なかなおり / おやすみおやすみぐっすりおやすみ



宇宙の姿が味わい深いイラストを通してわかる学習しかけ絵本

あなたはだれ?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット