アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼくは ここにいる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくは ここにいる

  • 絵本
作: ピーター・レイノルズ
訳: さかき たもつ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月27日
ISBN: 9784338235136

小学校低学年から
20.0×21.0cm
31ページ

みどころ

運動場にはたくさんの子どもたち。なわとびをしたり、ボール遊びをしたり、はずむ音やにぎやかで楽しい声がいっぱい聞こえる。
でも、ぼくには大きな音になって響くんだ。バーン、バーン。ガン、ガン、ガン。
向こうにはみんながいて、ここにはぼくがいる。
みんなのいる世界と、「ぼく」がいる世界はちがうの?
「ぼく」の世界は、みんなが気がつくことはできないの?
ぼくのところに優しいそよ風がふいてきて、紙がふわりと降りてきた。
そうだ、飛行機を折ってみよう。そして、空高く飛ばしてみよう。もしかしたら、誰かがぼくに気がついてくれるかもしれない。
「ぼくがここにいる」ってことを。
やがて、ぼくのところにやってきてくれたのは・・・!

みんなとは少し違うみたいだけど、大切な大切な「ぼくの世界」。そして、こんなにも繊細な出会いや心のつながりがあるんだということを描き出しているのは、『ちいさなあなたへ』(主婦の友社)のピーター・レイノルズ。自閉症の子を持つ母親との出会いから生まれたのがこの絵本なのだそうです。
絵と短い言葉の表現で、これ以上ないほどに自閉症の子どもに近づいていると、翻訳者の酒木さんは言います。酒木さんは30年以上に渡って自閉症の子どもたちと治療者として関わられている方。存在をありのままに認め合うことの難しさと大切さを存分に知っているからこそ、その想いや願いが重なって、読む者の心を揺さぶります。
「ひとりの人にとって、あなたはすべてなのかもしれない。たとえ、あなたがおおぜいの中のひとりであっても。」
みんなとはちょっと違った個性の子どもたちにとっても、力にもなってくれる1冊かもしれませんね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ぼくは ここにいる

出版社からの紹介

楽しそうなみんなの声が、ぼくには大きな音になって響く。紙飛行機を飛ばしてみよう。もしかしたら、誰かがぼくに気づいてくれるかも―。大ベストセラー『ちいさな あなたへ』(主婦の友社)のピーター・レイノルズが、自閉症の子をもつ母親の訴えに心を動かされて描いた物語。人と人との出会いと心のつながりを、繊細な描写で伝えます。自分を取り巻くこの世界を、誰もが大切に思えるように…そんな願いが込められた珠玉の一冊。

ベストレビュー

何度も読み解きたい本

わが子が自閉症であることから手に取った本ですが、何度も読んでいくうちに、いろいろな味わい方があることにきづきました。
「ぼく」をまず中心に読んでいく。つぎに、「まわりの友達」を中心に読んでいく。すると、最初の「ぼく」と友達たちの絵のなかの距離感からもたくさんのメッセージを感じることができました。「ぼくはここにいるんだよ」「友達たちもけっして「ぼく」を避けているのではない」「でも距離を縮めるには「ぼく」も近づいていく気持ちにならなくては」、「友達もいじわるじゃない。きみを避けているのではない。距離を縮めることはできるんだよ。おいでよ、こうして遊んでいるから・・・いつでも・・・・」などなど・・・読み手それぞれがこの距離からいろんなことを感じることができると思います。
紙飛行機をもってきてくれた女の子・・・も・・・最初のページでは立ち尽くしている。みんなのすぐそばにいても「ぼく」と同じようなきもちでいる。離れていてもみんなの中にいても、「みんなといる」ってなんだろう、どうするんだろう?って思っている子どもがいることを、よくあらわし、「ぼく」に紙飛行機をもってきてくれた女の子は、「ぼく」に共感してくれている。そこで「ともだち」を感じる。「ぼく」
なんて・・・すてきな絵本だろうと思いました。
女の子がちょっと人種のちがう女の子にみえることも、別の解釈として感じる方もいるとおもいます。そこから女の子の内面を読み解く方もいるでしょう。
それも、意味あること・・・・。障害のある子への啓発本ばかりでない奥の深い絵本です。
(けけころちゃんさん 50代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本

ピーター・レイノルズさんのその他の作品

ジュディ・モードは宇宙人? / ジュディ・モード、ラッキーになる! / ジュディ・モードとなかまたち (10) ジュディ・モードのビッグな夏休み / ゆめみる ハッピードリーマー / こころの おと / ちいさなてんしのおくりもの クリスマスのものがたり



映画『ゆずりは』試写会レポート

ぼくは ここにいる

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5



全ページためしよみ
年齢別絵本セット