ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ましろとカラス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ましろとカラス

  • 絵本
作: ふくざわ ゆみこ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「ましろとカラス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年06月01日

5才〜6才向き
27X20cm 32ページ
こどものとも 2013年6月号

出版社からの紹介

こやぎのましろのところにカラスがやってきて、ましろの鈴をほしがります。ましろが「だめだめ」と断っても、カラスは毎日「ちょうだい」とやってきます。ましろはカラスが来るのを楽しみにしはじめますが、ある日鈴をなくしてしまいます。鈴はカラスに拾われて……。ひょんなことから友情の芽ばえる様を丁寧に描きます。

ベストレビュー

すずのおと

ふんわりやさしい、ふくざわさんの絵が大好きですー!

ましろが跳ねたり走ったりするたび、カロロン カロロン すずが鳴ります。
カラスはすずが欲しかったのだけど、すずはましろの首に付いているからいい音が鳴るんだということに気づき、ましろが落としたすずをそっと届けてあげるのです。

優しいカラス。よほどすずの音とましろが好きなんですね。ましろもカラスに会いたくて毎日すずを鳴らして…。

ましろとカラスの関係、微笑ましくていいですね〜。
お話もほのぼのしていて、素敵な気持ちになりました。
(ねんねこしゃんさん 20代・その他の方 )

出版社おすすめ


ふくざわ ゆみこさんのその他の作品

モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの / ぎょうれつのできるレストラン / もりのホテル / パン ぱくぱく / モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント / ひつじちゃん みんなに いいおかお



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

ましろとカラス

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット