十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
やっぱりみんな欲しい!『バムとケロ ぬいぐるみ全部セット』を、ギフトラッピングでお届けします♪
世界のともだち(7) ネパール 祈りの街のアヌスカ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

世界のともだち(7) ネパール 祈りの街のアヌスカ

  • 児童書
文・写真: 公文 健太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年02月07日
ISBN: 9784036480708

小学3・4年生から
25cm×22cm 40ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


編集者インタビュー&トークショーレポート

出版社からの紹介

将来友だちになるかもしれない、だれかの毎日

カトマンズの東、バネパという街にアヌスカは暮らしています。両親の営む洋品店のまわりを、今日も弟や友だちとかけまわります。

世界のともだち(7) ネパール 祈りの街のアヌスカ

ベストレビュー

息子的比較文化

半分ネパール人の7歳の息子と読みました。

この世に生を受けて7年、
まだ自分のルーツ、ネパールに言ったことがない息子。

この絵本は、同じ小学生のアヌスカ(7歳)が主人公。
街の様子や、人々の生活よりも、
アヌスカの小学校生活にとっても興味を惹かれたようでした。

中でもとっても食いついたのが、
アヌスカ達の学校でのランチのシーン。

アヌスカの学校では給食が出ないらしく、
みんな思い思いのランチ、というか軽食を持ってきていて、

「うわーいいなー!お昼ごはんにポップコーンとか、アリ?!」
「ちょっとジュースとか飲んでるよ?!」

と、大興奮。
休み時間に校庭に出て遊ぶ姿、
学校が終わって家に帰っておやつをたべる姿等、
自分たちの日本の小学生の生活の姿と重なる場面が、
多々ありました。

息子的に比較文化?が出来てとってもよい一冊だったと思います。

(ムスカンさん 30代・ママ 男の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

公文 健太郎さんのその他の作品

ゴマの洋品店 / だいすきなもの



ねえ、「コワイ」って、もってる?

世界のともだち(7) ネパール 祈りの街のアヌスカ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット