ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷・根付け鈴もあるよ♪】
ねこがさかなをすきになったわけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこがさかなをすきになったわけ

  • 絵本
作・絵: ひだのかな代
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,400 +税

「ねこがさかなをすきになったわけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784797452495

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

なぜねこがさかなを食べるようになったかわかる? ねことさかなは本当は大の仲良しだったんだ。だれもしらないひみつのおはなしを教えてあげよう!
ねことさかなが繰り広げる楽しいストーリー。美しい色彩、味わいのあるタッチ、そして絵本ならではの読む楽しみ。贅沢な一冊ができあがりました。
第8回えほんコンテスト大賞受賞作品。

ベストレビュー

不思議な感じのお話

タイトルと表紙の赤いネコに惹かれて手にとった1冊。
どんなわけがあるのか?楽しみに読んでみました。
魚を助けたネコに、魚が恩返しをするんですが、何とも切ないような素敵なお話の様な、読み終えるとちょっと不思議な感じがしました。
こん本に幾度か出てくる「げーんきーを だーせーよー」という歌、見開きに簡単な楽譜がついているので、読み聞かせで歌ってあげるといいですね。
(みっちー77さん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

ひだのかな代さんのその他の作品

オビとタネ / 大きな時計台小さな時計台 / にこにこぎゅっおとうさんのて / りんごりんごろりんごろりん



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

ねこがさかなをすきになったわけ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット