ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほんの試し読みができます!
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
Little Selections あなたのための小さな物語(9) 学校
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

Little Selections あなたのための小さな物語(9) 学校

  • 児童書
編著: 赤木 かん子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「Little Selections あなたのための小さな物語(9) 学校」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

出版社からの紹介

笑い・涙・怒り――様々なドラマがつまっていいる、学校を舞台とした感動作を集めました。E・L・カニグズバーグ「デブ・キャンプ」、原ひろ子「ものは自らおぼえるもの」、青木茂「三太の動物実験」、西原理恵子「たかぽん」、キャス・ウォーカー「生きるために殺す」、ミス・リード「学校」の、6編を収録。

ベストレビュー

人生が大きく変わる瞬間を学校で迎える人たち

【内容】
ものを学ぶということをテーマにした作品6編を収録。
・「デブ・キャンプ」 E.L.カニグズバーグ
・「ものは自らおぼえるもの」 原ひろ子
・「三太の動物実験」 青木茂
・「たかぽん」 西原理恵子(マンガ)
・「生きるために殺す」 キャス・ウォーカー
・「学校」 ミス・リード

【感想】
いろんな「学校」があるなあ、と感心してしまった。
印象的だったのは、アメリカの子どもたちが1つの目的のために共同生活を一定期間行う「キャンプ」の話。太り過ぎの子どもたちが集められ、ダイエットするキャンプなのだが、語り手の女子の皮肉な視線がユーモアたっぷりで生々しい。ひねくれた子どもの様子が手に取るように伝わってくる。根性が曲がっているダメな肥満児がどうやって素敵な女の子になるのか…ぜひ、読み味わっていただきたい。

どの話も、あまり裕福ではない人たちの様子が、実に生き生きと描かれている。空き巣狙いの常習犯だったり、給食費が払えない一家だったり、田舎の貧乏な集落の庶民がたくさん出てくるけど、不思議とみんな明るい。デブ・キャンプの肥満児たちは(貧乏で食うや食わずだと、太れないので)そこそこ裕福だと思うが、暗い。私は、この作品群を通して、裕福でも決して幸福ではないと悟った。
ただ、貧乏だから明るいとも限らないのだが、もう何もないと笑うしかなくなるのだろう。くよくよしていても始まらないから、とりあえず空き巣狙いをしてみたり、地元の有力者の可愛がっている犬を捕まえて動物実験をしてみたりして、人生を楽しんでいる。あまりいい方法ではないけど、いじけて影で人の悪口を言っている金持ちよりも、ずっと健康的だと思えた。ただ、合法的ではあって欲しいが。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


赤木 かん子さんのその他の作品

ともだちって どんなひと? / もっと知りたい ウメ・モモ・サクラ どこがちがうかわかる? / もっと知りたい チューリップ / もっと知りたい イネ / もっと知りたい ヒマワリ / もっと知りたい タンポポ



『鹿踊りのはじまり』(「宮沢賢治の絵本」シリーズ)ミロコマチコさんインタビュー

Little Selections あなたのための小さな物語(9) 学校

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット