話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

こどもる
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

こどもる

  • 絵本
作・絵: 荒井 良二
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,045

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年11月30日
ISBN: 9784265830275

出版社のおすすめ年齢:0・1・2歳〜
B5変型判・30ページ

みどころ

『こどもる』。なんとも不思議なタイトル。
中を見ると、色鉛筆を使って描かれた、色鮮やかなたくさんの子どもの姿。
口を開けている姿は「声る」、ゴミを触っている姿は「ごみる」、
ガラスに貼りついている姿は「ガラスる」……。
子どもたちの動き、目線、興味のある物、それらの後ろに、すべて「る」がついているのです。
どうして「る」がついているの? 「る」がついているということは動詞って意味?
……など、いろいろ考えてしまいそうですが、ここはただ純粋に、子どもたちの動きを楽しむのが正解。
絵本の中の子どもたちの、無心で、一生懸命で、ひたすら楽しんでいる姿をじーっと見ていると、これが「こどもる」ことだというのが、実感できます。
子どもたちのありのままの姿を「る」という言葉をつけて、表現した荒井良二さん。
1990年に処女作『MELODY』で絵本作家としてデビューし、その後、第46回小学館児童出版文化賞、ボローニャ国際児童図書展特別賞、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞など数々の賞を受賞した、日本を代表する絵本作家のデビュー25周年を記念して出版された作品です。

(木村春子  絵本ナビ編集部)

こどもる

こどもる

荒井良二、絵本デビュー25周年記念作品!

「ちちる」、「よだる」、「ひなたる」、「スイカる」、また「ちちる」。
なにかをするために動くのではなく、興味のあるモノがそこにあるから動く、そういう子どもならではの衝動を、簡単な言葉にすると「こどもる」となったというわけです。
まさに子どもあるあるのオンパレード。
ちょっとしたしぐさ、表情、眺めているだけで笑みがこぼれてきます。

子どもの自由奔放な姿がぎゅっとつまった絵本。

ベストレビュー

幼児の感覚

脈絡もなく「※※る」で終わる言葉たちと、そんな言葉とセットになったような幼児絵。
このすご技に圧倒されます。
覚えたばかりの言葉で、勝手に応用編をつくる、意味不明の可能性の塊を、荒井さんはしっかりと理解されているようです。
同じ言葉が繰り返されたり、何の絵だかもよくわからない絵を描いて見せる荒井さんは、本当は幼児なのではないでしょうか。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,090円
1,540円
1,430円
1,320円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,650円
418円
550円
10,780円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

こどもる

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら