雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

くろいはかげさ」 みんなの声

くろいはかげさ 作:ことばあそびの会
絵:多田 ヒロシ
出版社:さ・え・ら書房
本体価格:\1,165+税
発行日:1979年
ISBN:9784378002057
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,494
みんなの声 総数 6
「くろいはかげさ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • しりとりうた リズミカルに 言葉遊びを楽しめました

    多田ヒロシさんの絵も効果的です!
    歌うように楽しんで見るのもいいですね
    さて この続きも遊びの中で生まれたらいいですね

    きりなしうた  おもしろくて思わず笑えました
    くもをふきとばすようにかぜにたのもう   かぜは木陰でおひるね中 
    なんと ゆたかな 自由な発想から生まれた言葉遊びでしょう

    つみあげうたは いろんな話に展開できるのがおもしろい
    夕焼けの美しさも魅力的ですね   やはり 絵本は絵でお話を膨らませられるのがいいです!

    いろんな言葉遊び絵本がありますね ほかの絵本も読んでみたいです 

    掲載日:2017/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばあそび

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    「お話がないの?」と聞いていた娘は不思議そうでした。
    物語を期待してしまうと違う感じがするようですが、
    読んでいるほうは言葉が気持ちよく、
    面白い絵本でした。

    シンプルな絵に、しりとりうたやつみあげうたなどが収録してあります。
    言葉の面白い響きに気付く絵本です。
    最後の見開き2回が夕焼けの絵ですが
    絵本の余韻となったりしてもいます。

    この絵本は読むだけではなく、
    実際に手作りうたを作るすすめもしてあります。
    これを作るのか、とちょっと驚きましたが
    きっと親子でやると楽しいですよね。

    掲載日:2014/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい歌

    この絵本に載っている歌は子供のころに歌った記憶がありました!!子供は初めて聞いたみたいで、「もう一回うたって〜!!」と何回もリクエストしてきました。私が特に印象的だったのが、最初の歌です。なんだか子供のころに返ったみたいで楽しかったです。

    掲載日:2012/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しめる言葉あそび

    • はなたま*さん
    • 30代
    • ママ
    • 長崎県
    • 女の子8歳、女の子6歳

    「しりとりうた」「きりなしうた」「つみあげうた」の3つの手作りうたの本です。

    なかでも、長女が気に入ったのは「つみあげうた」でした。
    『「これはのみのぴこ」みたいだね!』と喜んで、早口言葉で懸命に読んでました。

    私は「しりとりうた」が昔テレビであった「マジカルバナナ」と重なり、なつかしく思い出しました。久しぶりに、「バナナといったら黄色」「黄色といったらレモン」「レモンといったら…」と子供と言葉遊びを楽しむことができたのでよかったです。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しめました

    • 霧丸さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳

    3歳の息子にはまだちょっと早いかな、と思ったのですが、意外にも息子も気に入ったようで、ことばあそびの魅力にひきよせられたように
    自分でもなんとなく節をつけて口ずさみながら、一生懸命読んでいました。
    しりとり歌の方は一人で読んで楽しんでいたようですが、
    積み重ね歌の方は、「ママ読んで!早くね、間違えないようにね!」と、ママに読んでもらいながらも「早く、間違えないように!」というリクエストをつけていたということは、積み重ね歌の魅力をしっかり感じていたということだと思います。
    ことばっておもしろい!改めてそれを感じさせてくれた絵本です。
    自分なりに節をつけて、歌うように読むのが楽しいですよ。

    掲載日:2009/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪口歌&つみあげ歌

    1、2、さんまのしっぽ、ゴリラのむすこ……ひかるはオヤジのはげ頭♪と歌った経験はありませんか。
    前の言葉を繋げてちょこっと悪口も混ざっているものを、悪口歌といって、地方によっていろいろあるようです。
    この悪口のない「しりとり歌」が載っています。

    本当にきりのない「きりなし歌」。

    そして「これはジャックのたてたいえ」や「これはのみのぴこ」のような「つみあげ歌」の3編が収められています。

    子どもは言葉遊びが大好き。悪口歌を覚えてきた娘に読んだら、さっそく自分で創作し始めました(けっこう難しい)
    しりとり歌は、私的に体言止めに慣れていたので、アレンジして読みました。
    読む人のニュアンスで節をつけ、親子で歌うと楽しいですね。

    掲載日:2008/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / どろぼうがっこう / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おへそのあな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『まるさんかくぞう』『いっこさんこ』 <br>及川賢治さん(100%ORANGE)

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット