ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
こころにいつくしみ の種をまく

こころにいつくしみ の種をまく(評論社)

ダライ・ラマ14世初めての絵本!

  • 学べる
  • 役立つ

てぃんくてぃんくさんの公開ページ

てぃんくてぃんくさんのプロフィール

その他の方・40代・奈良県、女の子19歳

自己紹介
タイムスリップを夢見る 自称永遠の17歳
絵本も児童文学も、読むのも好きなら書くのも好き。児童書のない生活なんて考えられません。

指導員の傍ら保育園・学童で選書に関わらせてもらったりし、ここんとこ司書をしております。
溢れんばかりの宝島で、お客さんの反応も見ながら、偏向なくなんでも読んでいる気がします。読みすぎて、なかなか絵本ナビに投稿できませんが、良くも悪くも特に印象的だったものは欠かさず投稿したいと心掛けています。
なまらぬる〜く見守ってやって下さい。
好きなもの
竹下文子/鈴木まもる・村山早紀・降矢なな・広野多珂子・甲斐伸枝・今村葦子

「勾玉三部作」 「守り人シリーズ」 と文学のファンタジー読みです

−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*−*

娘は
太宰 治・中原中也・芥川龍之介・ダ・ヴィンチ・

「人間失格」 「文学少女」 「ココロコネクト」など「ダ・ヴィンチコード」を狙い中

(敬称略)
ひとこと
読み聞かせ大好きの娘も中学生になり、絵本は純粋すぎるなど言って、ラノベや日本文学を読んでいます。
ほぼ365日部活のため、朝読の10分で必死に読破しているようです。

今のとこ、レオナルド・ダ・ヴィンチが大好きで、フリーメーソンなどにハマっちゃっているようです。
太宰 治に共感できるようです。中原中也に芥川と、アンダーローストーリーがいいそうです。
……思春期です。
あとはボカロっぽいラノベやアニメっぽいラノベを読んでいます。

母は図書館のなかを乱読中。3行読んだら夢の世界へ行ってしまうことが悩みの種。

てぃんくてぃんくさんの声

1550件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 熱心にキモい  投稿日:2020/10/23
かえるじゃん
かえるじゃん 作: つるた あき
出版社: KADOKAWA
表紙から なかなかキモいです
熱心にキモいです

まったく興味がなかったJKも、気色悪っ!と つい見てしまう絵
これは小学生男子が好きかと
いやいや 幼稚園児も好きかな
小さな本ではありますが、問いかけのページと答えのページの繰り返しなので、読み聞かせやブックトークに活かせます

カエル好きなので、夢中になってページを繰って、ラストページをリアルに想像し昇天しそうになりました(笑)うはぁ、すみません(笑)
作者にやられました
つるたあきさん、何者
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 認知症をふわっ!と  投稿日:2020/02/02
おじいちゃんがペンギンやったとき
おじいちゃんがペンギンやったとき 作: モラグ・フッド
訳: 長谷川 義史

出版社: 小学館
おじいちゃん家に行ったらおじいちゃんが変。
変のレベルがハンパない。もうこれ以上言いません。
ぜひ手にとって笑ってください。
長谷川義史さんの大阪弁も光ってる。
少ない言葉でピッ!と面白さが出てる。

ペンギンだから面白い。でも徘徊について描かれていますよね。子どもはわからないだろうけど。
わかるのは中高生からかな。
けど、こういうことを教えたいお宅にとっては、幼児対象でも良い本ではないかな。

関西人なので、大阪弁の読み聞かせは、なんやスッ!とするわ?。
娘と読み聞かせあいっこ。全編セリフ調なので読み方が違って面白かった。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 一気読み  投稿日:2020/02/02
ニレの木広場のモモモ館
ニレの木広場のモモモ館 作: 高楼 方子
絵: 千葉 史子

出版社: ポプラ社
お互い全然知らなかった者同士が、こども新聞を作ることでどんどん仲良くなっていく 爽快!
こんな壁新聞、作ってみたかったなー
子供の頃のワクワクと共に、ノンストップでサクッ!と読んだ
とにかく気持ちの良い作品

オオドロボウや絵描きの大叔父さん、すべてが繋がっていく なんて狭い町なんでしょう(笑)
ていうか、替え玉作戦はさすがに無理では(笑)
気づかない親って 保護者としてどうなの(笑)
大人は大人で楽しそうだけど、子供は子供で楽しい毎日。
子供も親にも楽しい一冊です。

ところで作者と挿絵画家は姉妹なのね
今回も挿絵がよかったよ。
中学年から読めるかな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どこに魔法が?  投稿日:2020/02/02
ビーおばさんとおでかけ
ビーおばさんとおでかけ 作: ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
訳: 野口絵美
絵: 佐竹 美保

出版社: 徳間書店
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作 佐竹美保 絵
佐竹美保さんの挿絵がふんだんに入っている薄めの児童書です
幼年童話になるのかな

奇想天外!
ラストも児童書にしては小気味よい こんな終わり方、アリなんだ
想定外でした

頭が硬いのか、最後まで読まないと意味がわからなかった。
作者、なにか気に食わない人でもいたのでしょうかね。
面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 他人を認める心を  投稿日:2020/02/02
ぼくがいちばん!
ぼくがいちばん! 作・絵: ルーシー・カズンズ
訳: 灰島 かり

出版社: 岩崎書店
最近思春期になっても自分がいちばん!もしくはいちばんであるために他人をマウントする子ども達。
まあ、大人でもいますけど……。
その抑圧された子どもに響くのではないかなあ。
高学年から中学生の、誰かがいちばんであるために踏まれた子が、少し気持ちよくなれるかも。

とはいえ、見かけはわかりやすい絵と文で、幼児から小学生対象。
威張りすぎて友達を傷つけ、落ち込むイヌくん。まさかのページ展開でした。
ごめんねを連発するところがかわいい。
セリフ調なので、つい熱を込めてしまいます。
おはなし会にも向いた本です。

娘と読み聞かせあいっこ。娘はキャラクターによって声音を変えていました。現代風だなあ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 若返りたい人は必読  投稿日:2020/02/02
いたずらおばあさん
いたずらおばあさん 作: 高楼 方子
絵: 千葉 史子

出版社: フレーベル館
一枚着ると一歳若返る下着を開発した服飾研究の権威エラババ先生と弟子ヒョコルさんの痛快世直し物語

面白すぎる 愉快痛快 スッキリ!
八歳の子供になった二人が ちゃんとおばあさんの経験や心も持ち合わせているのが面白かった
甘いも酸いも知り尽くしたおばあさんに、大人は歯が立たないのね
イヤな先生もえらいやっつけられよう
不意をつかれて笑ってしまった

日々楽しく過ごしていると、生活にハリが出て若返るんですね
この話を 作者が中年で書いているのが興味深い 
子供は子供視点で楽しいだろうし、エラババさんと同じ八十代が読んでも元気になると思います

八歳のとき、何してたっけ?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 教科書にいいかも  投稿日:2020/02/02
りんごの木
りんごの木 作: 後藤 竜二
絵: 佐藤 真紀子

出版社: ポプラ社
娘が読み聞かせてくれました。
母娘でラストの解釈が違いました。

切ないと思った私は、掘り起こされて台風が来て、木は根こそぎ倒れてしまったけど、木の心というか魂は空へ昇っていった。
木の魂は今も空で自由に行きているよ。
そんな解釈でしたが、娘は木そのものが空へ、という解釈でした。
ラピュタみたい!と言っていたので、ああいう光景を想像したのでしょう。

別の解釈が生まれるような味わい深いお話でした。
お孫さんは、どうしてじいちゃんの家へやって来たのかなあ。
いろんな想像ができます。

孫がりんごの木で昼寝している絵がとっても素敵で、良いお話だし、手元に欲しくなりました。
絶版なんですねぇ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ずっと一緒だよ  投稿日:2019/07/04
いのちの木
いのちの木 作・絵: ブリッタ・テッケントラップ
訳: 森山 京

出版社: ポプラ社
いろいろあって甘えんぼになった高校生と並んで寝転がりながら読みました。

うぅぅん、ベタ!
でもそういうタイミングなら泣いただろうな。
JKは受け入れたようです。

身近な人や動物が亡くなった時に読むと救われるのではないでしょうか。
たとえ目の前からいなくなっても、記憶はいつまでも皆で共有できるし心はそばにあるよ。
優しく伝えるには良い本だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんな違ってみんないい  投稿日:2019/07/04
やもじろうとはりきち
やもじろうとはりきち 作: 降矢 なな
出版社: 佼成出版社
個性を認め合い友達でいる話ですが、やもじろうが他の友達へいってしまうのがリアルです。
はりきちのスローで不器用なところが歯がゆく、またはりきちとも遊びたいけど他の子とも遊びたい。みんな一緒に遊びたいのについて来られないはりきちにイライラ。
やもじろうは、いわゆるいじめる側でしょうか。我が子がこんな風に言われて帰って来ると親は切ないでしょうね。中にはやもじろうを攻める親もいるかもしれません。
だけどやもじろうが悪い!というわけではありませんよね。

友達と遊びだす5歳くらい〜小学生と読むのにはいいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 壮大な愛の物語  投稿日:2019/07/04
かぐや姫のおとうと
かぐや姫のおとうと 作: 広瀬寿子
絵: 丹地陽子

出版社: 国土社
生まれ変わりの恋物語はありがちですが、いささ丸が落ち着いていてしっとり大人の話といった印象。大人の愛の物語ですね。
ぐっと引き込まれました。
ビジュアル的にもとても雰囲気のあるロマンチックラブストーリー。

かぐや姫のお話部分も、創作とはわかっていながら、あれ?本当にそんな話だっけ、原作を読もうかなと思わされた。
しかしかぐやとの恋はどうなったのかな。亜古奈と同じように転生しているなら少しは出会って欲しかったし触れて欲しかったかなあ。

ラストのいささ丸はもう高校生じゃないですね。誰がこんな選択をするのでしょう。大人でもなかなか難しいと思います。私にできるかなぁ……。
でもイヤではありませんでした。
しかし本気の恋愛をした子でないと、この選択はわからないかもね。
参考になりました。 0人

1550件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット