ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

海賊モーガンの宝島」 みんなの声

海賊モーガンの宝島 作:那須 正幹
絵:関屋 敏隆
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年04月
ISBN:9784591053645
評価スコア 3.6
評価ランキング 31,258
みんなの声 総数 4
「海賊モーガンの宝島」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 冒険好きな男の子に

    ちょうど小学生くらいかな?仲のいい友達との探検ストーリーや冒険ものが好きになってきたら、楽しめると思います。
    文章量は絵本にしてはそこそこ多いので、3歳だとちょっと最後は疲れちゃう感じでしたが、ちょうど活字主体の物語本に移行する前の読み聞かせにはちょうどいい感じかもしれません。
    学校の教室から魔法の笛を吹いて舞台は海賊船、宝島へ!
    宝にたどり着くまでの仕掛けや、敵の出現、戦いなど、海賊ストーリーの王道はバッチリおさえてあります。逆にちょっとありきたりな感じもしないではないですが・・・。
    連続ものの最終巻らしいので、できれば最初から読むほうがいいのかな?
    確かに、ちょっと始まりがいきなりな感じもありました。でも、読めないほどではないですよ。

    掲載日:2013/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • えっ?そんな結末が?

    子供が図書館で借りてきた絵本
    男の子なので、やはり海賊やらオバケが大好き
    きっと、海賊船に乗り込んでいる海賊たちの迫力ある表紙に興味をもって
    手にしたのだろう。
    ページをめくると、まずは学校の教室の中。
    「あれ?海賊は?」と思った次の瞬間、海賊たちが…
    その急展開に、思わず笑ってしまいます。
    その後は、子供の好きな宝を見つけるための冒険が始まりました。
    困難を乗り越え、ようやく見つけた宝物。
    その中で、洋一くんが手にした宝物が、まさかそんなオチになるとは!
    想像しなかった結末に、私も「なるほど〜」
    と納得。
    読み終わると、女の子も海賊が好きになるかも知れません。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子におすすめ!

    下の子が2歳位の時、図書館で借りてきて以来大好きな本です。
    洋一君という男の子が不思議なホイッスルをふくと海賊船が出てきて、モーガン船長と旅にでます。
    昔、よういちのおじいちゃんが船乗でこのモーガン船長と一緒に仕事をしたという設定。
    このおじいちゃんとよういちが重なっています。
    そんな事より、子供はこの荒々しい船長との船旅に胸をワクワクさせ、ちょっと怖いような楽しいような感じでした。
    私はまず手に取らない様な絵でしたが(ごめんなさい!)
    子供はかなり面白かったのか、その後図書館で何回も持ってくるんです!
    まだお話が上手に出来なかったのですが『ん!ん!』とせがんでいました。
    かなり読み応えがありますが最後まで真剣です!
    男の子は冒険物が好きですよね・・。
    何回読んでもこれはワクワクするようです。

    掲載日:2003/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい冒険の旅が

    海賊船の船長モーガンたちと一緒に冒険だ!


    夏休みに、海の近くにある祖母の家に遊びに行った洋一は、亡
    くなった祖父の部屋で、一風変わった笛を見つけた。大きな船
    の船長をしていた祖父が、外国の船長さんにもらったというボ
    ースンズ・コールだ。洋一がその笛を吹くと、モーガン船長が率いる海賊の一味に加わって、いつでもどこでも迎えに来てくれて素晴らしい冒険の旅が始まる。 
     大胆で力強いタッチの絵が、奇想天外な冒険世界を描く絵本。モーガン船長は昔の仲間が隠したという宝を探しに、洋一を連れて地図を頼りにやっと見つけた宝島には、色々なしかけがあるのだが、洋一の機転でなんとか宝のありかにたどり着いたものの、それを運びだしたところに別の海賊一味が待ち構えている。スペクタクルな物語にこどもは魅力的な胸おどる海洋冒険ファンタジー絵本にひきこまれるはず。(うちの子はだめでしたけど。)

    掲載日:2002/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どろんこハリー / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / よるくま / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット