だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

オバケちゃんとはしるおばあさん」 みんなの声

オバケちゃんとはしるおばあさん 作:松谷 みよ子
絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2001年
ISBN:9784061952898
評価スコア 4
評価ランキング 19,442
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 走るおばあさん?

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    お化けちゃんシリーズは息子が好きで読んでいます。
    未読のシリーズがあると借りてくるようで、今回は「走るおばあさん」のお話です。

    折りたたまって本棚に入ったり、高速道路を走るおばあさん??
    その正体がわからないままストーリーが終わってるのですが
    結論はこちらに任せているのかな。。

    人間の世の中にはまだまだ未知の部分があるし
    人間自身で怖くしてしまってるところもあるというメッセージなのかなと思いました。

    掲載日:2013/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい!と思ったら・・・

    息子が図書館から借りてきたので、私も読んでみました。
    娘の話によると、こちらはシリーズの本らしく
    オバケちゃんが誰かに会ったときに「・・・ねこによろしく」
    と毎回いうのが私にはよくわかりませんでしたが、
    シリーズを読破したらその謎も解けるのかな?

    さて、お話しですが人間なのにダンボールのように
    体を四角に折りたためたり、高速道路を走ってる車よりも
    早く走れたり、そして、おかしな犬。
    おもしろいな〜って何気なく読んでたのですが
    それらはどうしてそうなったのか?その理由を述べた部分を
    読むと、かなりぞっとします。
    息子も「え!そうなんだ。なんだかかわいそう」
    と、おかしくなってしまった社会に何かを感じたのか、
    もし、自分の身に同じようなことが起こったら・・・
    真剣に考えてるようでした。
    かわいらしいオバケちゃんの日常を通して、
    現代社会の様々な問題点・疑問点を感じるお話しでした。
    ねこによろしく。の台詞を解明するためにも、
    シリーズ読破してみようかな?

    掲載日:2008/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられる内容

    「ねこによろしく」を先に読んだのですが、「ねこによろしく」は字が細かくて長いお話でしたが、こちらは短いので早く読めました。シリーズの第9作目です。

    オバケちゃんの最後の言葉が効いています。「ぼく、こわい。にんげんの よのなかは、どうなっちっゃたの?」

    今回は、遺伝子組み替えによって誕生した生き物についても触れていて、これからの世の中を憂えています。

    「テレビ絵本」で知ったオバケちゃん、4冊ほど読みましたが、どれも考えさせられる内容です。児童書ですが、世の中に対するメッセージもこめられていているからです。

    レビューでは、どなたも感想も書かれていないのが寂しいですが、オバケちゃんシリーズおもしろいです。いとうひろしの絵もかわいくて気に入っています。皆さんにお勧めします。

    掲載日:2007/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット