アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

きゃべつさんの公開ページ

きゃべつさんのプロフィール

ママ・40代・埼玉県、男の子17歳 男の子14歳

自己紹介
子供が面白い本がないか、幼稚園や学校の読み聞かせにいい本がないかと探していたのは何年前でしょう。
学校の図書整理で見つけた本や自分が読み聞かせで読んだ本、こちらで特集してる本を投稿してるうちに、子供たちは中高生になりました。本当に月日の経過を感じてます。
難しい時期に差し掛かってる子供たちですが、小さいころから親しんできた絵本というツールが親子のコミュニケーションの手段にもなっています。中学生の下の子は夏休みの課題に童話を書いたりしてます。
こうして本と触れ合いながら生活できたのも、絵本ナビさんや皆さんの楽しいレビューのおかげだなと、しみじみ思います。
                          
 ここ2年程、大病を患い、レビューもお休みがちでした。もちろん、病室にも絵本を持っていきました。細かい字を追うのはちょっと・・というとき、大人向けの絵本・お気に入りの絵本は心の支えになりました。
子供たちは絵本をとっくに卒業していてますが、まだまだ私は絵本を楽しんでいてこちらにお邪魔してます。よろしくお願いします。   
2017年10月
好きなもの
好きな作家
長新太・荒井良二・谷川俊太郎・レオ・レオーニ・いとうひろし・安野光雅・ねじめ正一 長谷川義史 大島妙子 高畠純
この人たちの作品には評価が甘いかもしれません(笑)

好きなこと
日本美術史を勉強してました。日本画・寺社仏閣だけでなく色んなジャンルの絵を見るのが好きです。なので、絵本もまず絵を見る癖があると思います。ピアノを習っていたせいか、読み聞かせにいってるせいか、文章のリズム感も絵本選びのポイントになってると思います。
最近は庭のガーデニングに凝っていて、花の写真を始めました。料理・食べること、大人の小説を読むのも好きです。

マイ絵本棚

他の本棚

きゃべつさんの声

1427件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 長子の宿命だけど・・  投稿日:2018/11/20
ぼくのばしょなのに
ぼくのばしょなのに 作: 刀根 里衣
出版社: NHK出版
幻想的な絵が魅力の利根さんの作品なので、読んでみました。

それまでは、僕のお気に入りだったところはママの足の下。
でも、その大事な場所が卵を温めるために使われてしまった僕。仕方がないけど長子の宿命です。
毛布にくるまったり、いろんなことをで気を引こうとするお兄ちゃんがとてもいじらしいです。

上の子の赤ちゃん返りに私も手を焼いたので、昔を思い出しながら読みました。もう少しお兄ちゃんにも優しくしてあげたらよかったのかなと・・親としての反省を込めて。
この作品を上の子が小さいときに読ませてあげたかったような気もします。

親はいつでも子供たちのことを平等に愛情を与えてるつもりなのだと、上のお子さんたちにわかってもらえるといいなと思います。

利根さんのほんわかとした絵が優しい気持ちにさせてくれますね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人向けかなー  投稿日:2018/11/15
モミの木
モミの木 作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
絵: サンナ・アンヌッカ
訳: 小宮 由

出版社: アノニマ・スタジオ
有名なアンデルセンのモミの木のお話は、何度読んでも切なくなります。
今ある場所に感謝の気持ちを持たず、不平ばかり言ってるととんでもないことになるよ。という掲示は、闘病中の私にとっては本当に身に沁みました。
私は闘病中ということもあり、思うままにならないことも多いので、モミの木の気持ちもよくわかります。

モミの木の姿を見ていて、人の忠言はきちんと聞き入れて素直な気持ちでいないといけないと、改めて自分自身にも言いきかせました。
サンナ・アンヌッカさんの絵がとても素敵ですが、どちらかというとデザイン化されたイラストは大人向けかなーと思います。
子供よりも大人へのプレゼントに喜ばれそうです。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 静かなハロウィーン本  投稿日:2018/10/29
ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」
ハロウィーンの星めぐり 「夜に飛ぶものたち」 詩: ウォルター・デ・ラ・メア
絵: カロリーナ・ラベイ
訳: 海後 礼子

出版社: 岩崎書店
レビューと試し読みの絵が気になって、ハロウインのこの季節に借りてみました。

ウオルターデ・ラ・メアさんの詩は、特にハローウインを意識したものではないのですね。それをハロウインの夜と組み合わせているので、巷のハロウイン本とは違った趣を感じました。

ハロウインは魔物たちが人間界に紛れ込んでくる日、人間も魔物に変装する日。そんな日に、魔女が空を飛んでいたら幻想的でいいですね。
お子さんには少し物足りないかもしれませんが、魔女のシルエットが描かれた夜の風景は静かな気持ちにさせてくれます。
原詩を読んでみたくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おならのしくみがよくわかる  投稿日:2018/10/29
おならをならしたい
おならをならしたい 作・絵: 鈴木 のりたけ
出版社: 小学館
この本を一冊読めば、おならとおしりの関係が子供たちにもよーくわかります。
おならって、そういうものだったのかとなんとなくわかった気になってた大人にもうなずける内容です。
本当に、人間の体ってよく出来てますよね。
お勉強っぽくなく知識が増えるこういう絵本は私は好きですね。

しごとばシリーズの鈴木のりたけさんの作品だけあって、手を抜かず、おならについて説明しています。
読み聞かせでも大うけしそうな一冊だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ファンになってしまいました  投稿日:2018/10/13
オオイシさん
オオイシさん 作: 北村 直子
出版社: 偕成社
大きなごつごつした石の表紙を見て、きっと楽しい本だろうとビビッときました。
この表紙に描かれたオオイシさんは何をするのだろうとユーモア本好きの私はワクワクしました。

予想を裏切らずというより、予想もつかないユーモアな展開に笑いが止まりませんでした。
まさかオオイシ=大石内蔵助とつながっていくとは思いもつきませんでした。
工事現場で活躍とか、力仕事までは想像がついたものの映画に出るの?
このオオイシさんの謎の存在感の虜になってしまいました。
大人も子供も笑って楽しめるお話ですね。
最後には形の変わったオオイシさんの続編を期待してます。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい お父さんグッジョブです!  投稿日:2018/09/30
たなからぼたもち
たなからぼたもち 作: くすのき しげのり
絵: 澤野 秋文

出版社: 廣済堂あかつき
「おこだれませんように」の楠さんの作品なので読んでみました。 落語絵本のような感じかと思ったら違いました。

江戸時代を舞台に、たなからぼだもちを実践してみようと取り組む親子のお話でした。
怠け者の息子をうまく軌道修正できたお父さん、グッジョブです!

難しい年ごろを迎えた子供がいますので、親がこのお話のように導けたらなと思いました。親として見習わないといけないですね。

たなからぼたもちなんて、本当にそうあるものじゃないです。日々努力してこその幸せなのだとしみじみ思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい茶碗家族  投稿日:2018/09/19
おちゃわんかぞく
おちゃわんかぞく 文: 林 木林
絵: いぬんこ

出版社: 白泉社
表紙を見た感じで実はあまり期待しないで、読んでみたのですが
良い意味で裏切られました。

思わず節をつけて歌ってしまいそうなテンポ良い文章で
なんと、お茶碗が踊っているじゃないですか。
茶碗に描かれた顔もシュールですし、ナンセンス絵本好きの私好みです。
おとうさん、おかあさん、お兄ちゃん おちびちゃんと家族が楽しくそろっている雰囲気が良いですね。そしてお茶碗もちゃんと柄が違っていて、細かいディティールにもこだわってます。

秋の新米の季節にご飯が美味しく食べられるようになりそうですね。最後はちゃんと重ねてしまって終わるところもいいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい朝食  投稿日:2018/09/14
あさごはん できた!
あさごはん できた! 作: 吉田朋子
出版社: フレーベル館
布のお野菜やおなべがとてもかわいらしいです。

お野菜洗って、目玉焼きを作って・・と朝ご飯を作る過程が
シンプルに進んでいきます。
お鍋や包丁にかわいい顔が書いてあって、こういう絵本を
赤ちゃんに読み聞かせてあげたいなーと思いました。

きっと、朝ご飯が楽しくなりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい のどぼとけさんに和みます  投稿日:2018/09/06
のどぼとけさん
のどぼとけさん 作: 尾崎美紀
絵: ささき みお

出版社: ひさかたチャイルド
今までたくさんの絵本を読んできましたが、のどぼとけが主人公のお話は初めてです。というか、ほかにあるのでしょうか?
絵本の世界は何でもありだけどまさかのどぼとけまで擬人化されて、ラーメンをすするとは。

僕と、のどぼとけさんとのほのぼのとしたストーリーが良かったです。いつか僕の喉の奥にも、こんなのどぼとけさんが住む日が来るのでしょう。
声がわりが来る前に子供に読みたい本ですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 美味しそう  投稿日:2018/09/01
そらから ぼふ〜ん
そらから ぼふ〜ん 作: 高畠 那生
出版社: くもん出版
大好きな高畠さんの作品だったので、試し読みで読ませていただきました。

巨大なホットケーキが落ちてきたことから始まるストーリーです。
大きなホットケーキに対して触ったり中に入ったり、読んでいるうちにお子さん達もホットケーキとはどんなものなのかよーくわかると思います。
はちみつが空から降ってきたり、ホットケーキを堪能できますね。

ページ一面がクリーム色のホットケーキの中で寝ている場面が好きです。
ふわふわと甘いにおいの中でよい眠りにつけそうな・・
香りがこちらまで漂ってきそうです。

シンプルですが読み聞かせに向いてる、みんなで楽しめるストーリーです。これを読んだら、ホットケーキを作りたくなりますね。
参考になりました。 0人

1427件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット