貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

くまくんのめいろあそび」 みんなの声

くまくんのめいろあそび 作・絵:ささき ようこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\350+税
発行日:1999年
ISBN:9784591061930
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,752
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 378円が気に入りました!

    1歳0ヶ月の孫が指差しをするようになったので、迷路遊びもいいかなって思って購入したのですが、まだ早かったようです(笑)ページを捲るごとに少しずつ難しくなっていきますが、そこで2歳10ヶ月の孫の登場です(笑)じっとしていない子ですが、ちょっと褒めたらお兄ちゃんらしくやってました(笑)私が一番気に入ったのは、378円とポケットマネーで出せることでした。絵も可愛くて夢中になって、集中してやっていたので集中力がつくのでお勧めです!

    掲載日:2017/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな迷路!

    私も娘も好きな、くまくんシリーズ!
    くまくんがおともだちの家に手紙を届けに行きます。
    ページをめくる度に迷路になっていてとても面白いです。
    最後のページになるごとに迷路は少しずつ難しくなっていきます。
    1歳3ヶ月の娘には迷路を完璧になぞることはまだ出来ませんが、指差しをしながら喜んでいます。
    絵も可愛く、価格も安く、いろんなシリーズがあるので楽しめます。

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路にはまってます

    本を開くと一面におおきな迷路が書かれてます。
    くまくんがお友達に手紙を届けるために、いろんな道(迷路)を通ります。迷路はページを進むに従って、次第に難しくなりますが、1歳の娘はとても楽しそうに指でなぞってあそんでます。
    イラストがカラフルではっきりとしたタッチで書かれており、見て、そして迷路遊びもでき、両方楽しめる絵本です。しかも価格が350円と安いです!お薦めします!

    掲載日:2007/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット