大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ぼくのチョパンドス」 みんなの声

ぼくのチョパンドス 作・絵:小林 豊
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1999年
ISBN:9784895726191
評価スコア 4
評価ランキング 20,264
みんなの声 総数 2
「ぼくのチョパンドス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 日本の子どもたちには体験できない生活

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    「トルキスタン」何となく地理的な場所は分かるけど、どれがどんな国なのか、日本人にはなかなか想像しにくいところだと思います。
    いわゆる昔はモンゴル帝国と呼ばれていた地域ですね〜。
    風の民とか、草原の民とかよく耳にします。いろいろな帝国に支配され続けていていて、現在は一応中華人民共和国の自治区になっている(はず)です。

    小林豊さんの描いてくれている彼ら部族の村の風景が、とても穏やかで素敵です。
    義足を自分で作ってしまうお父さんもカッコいいのですが、家族をそれとなくサポートしているマリアム姉さんの存在が心に残りました。

    日本の子どもたちには体験できない生活を見ることができます。
    機会があったらぜひ1度見てほしい1冊です。
    小学校4年生くらいからお薦めします。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中央アジアの人々

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    中央アジアのトルキスタン平原の人々の伝統的な馬の競技ブズカシのおはなし。
    コア少年の目を通して、その白熱した試合の様子が語られます。
    淡々と描かれる生活の様子の中には、やはり戦争の傷跡があります。
    それでも、黙々と自分達の生活を誇りと思う姿が凛と伝わります。
    賞金で買ったものは意外なものでした。
    こんな所で世界はつながっているのですね。
    中央アジアの遊牧民のありのままの姿を感じ取ってほしいです。

    掲載日:2007/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット