ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

えほん 魔女のひみつ」 みんなの声

えほん 魔女のひみつ 作・絵:コリン・ホーキンス
訳:岩田佳代子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年
ISBN:9784323015040
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,059
みんなの声 総数 2
「えほん 魔女のひみつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 魔女に興味があるならぜひ

    表紙は黒いとんがり帽子をかぶり
    ほうきにまたがって飛んでいるワシ鼻の魔女です。
    ”魔女”と聞いて思い浮かぶそのまま。

    この絵本には
    まず”魔女とは?”から始まり、
    子分やごはんや勉強や飛び方などなどについて説明がされています。

    読み聞かせるタイプの絵本ではありません。
    魔法に興味がある子どもでしたら、とても楽しめます。
    ハリーポッターを観た後にこの絵本を図書館で見つけた娘は
    他の本には目もくれず読んでいました。
    文字は多いですが漢字にはふりがなが付いているので
    1人で気になる部分をかいつまんで読んだようです。
    借りて帰り私も一緒に読んでいると
    魔女を想像しながら話がはずみ楽しかったです。

    掲載日:2008/01/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私の想像どうり

    私の想像どうりの魔女の表紙に惹かれてこの絵本を選びました。色々な角度から魔女の事がしっかり書かれているので見応えがありました。文章も面白かったのですが絵も独特で楽しめました。私が一番気に入ったには魔女のお楽しみの場面です。パーティーが大好きなのは私たちと変わらないのだなと思うと思わず嬉しくなりました。気になったのはケーキや飲み物です。美味しそうな色と自然の物を利用して作ってあるのが素敵でした。隅々までじっくり楽しめる絵本でした。

    掲載日:2008/11/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット