だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ゆうかんな女の子ラモーナ」 みんなの声

ゆうかんな女の子ラモーナ 作:ベバリイ・クリアリー
訳:松岡 享子
絵:アラン・ティーグリーン
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1998年
ISBN:9784051046255
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「ゆうかんな女の子ラモーナ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ラモーナ一年生

    とびとびに読んでいるのですが、ラモーナ一年生のお話です。

    多感な少女ラモーナ。感受性が鋭いだけに一年生、担任の先生のこと、大変だなあと思いました。

    まだうまくきもちが言語化できるわけではないので、ラモーナの抱える葛藤は相当なものだろうと思います。

    特に、スーザンがラモーナのふくろうを真似てスーザンの方がほめられる図工の時間の出来事は理不尽だなあと感じました。

    こんな時にわかってくれる大人がいると救われるんですけどね。

    ヘンリーくんシリーズはヘンリーくんシリーズで楽しかったのですが、主人公が女の子でその心理描写が丁寧に描かれているだけに、共感できる場面も多いように思います。

    息子も共感して聞いているシリーズです。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラモーナファンの必読書!

    「ラモーナは豆台風」の続編。
    図書館で借りてきて読み聞かせました。
    面白く娘も夢中で、3日程度で読み切りました。

    小学1年生になったラモーナ。
    外見には、だいぶ落ち着いてきたラモーナですが、
    この年頃の女の子の物の考え方や心の動きが細かくつづられており、
    読みながら6歳前の娘と大笑いでした。

    「フクロウ事件」はラモーナのやりきれない気持ちをうまく表現されており、作者クリアリーの偉大さを感じないではいられませんでした。

    ラモーナファンの必読書です。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット