しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぶたばんのおうじ」 みんなの声

ぶたばんのおうじ 作:アンデルセン
絵:ビョーン・ウィンブラード
訳:山内 清子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1978年06月
ISBN:9784593500727
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,263
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 喜劇のよう

     貧しい王子とわがままな王女の恋のかけひきのお話です。わがままな王女には、苦笑いしてしまいますが、王子もけっこうひどいことをするなと思いました。

     ハッピーエンドではないのですが、絵がとてもおもしろいので喜劇のように見えます。まるまるの登場人物たちは、みんないきいきして、ほほえましいです。背景のこまかな模様も楽しいです。

     その後、王子と王女はどうなったのかなと気になりました。

    掲載日:2014/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高慢のつけ

    あまり同じ絵本を「二回読んで」と言わない息子が、読んだあとに「もう一回」と言ってきた本です。

    絵本にしては長いお話だと思います。

    貧しい国の王子が皇帝のお姫様をお嫁にほしいと思います。

    息子にとってわかりにくかったのは、「皇帝」という言葉でした。

    王様という表現は多くても皇帝はあまり耳慣れないかもしれません。

    書かれてはいませんが、お姫様はとてもわがままで高慢なのでしょう。

    高慢のつけということがあるとしたら、きっとこの絵本のような結果になるのではないかと思います。

    キスの場面もあるので、息子には大人っぽいお話ではないかと思いましたが、痛快なオチがおもしろかったようでした。

    私はアンデルセンの「豆の上に寝たお姫様」が好きなのですが、その作品にも通じるような、本物とは何か?についても考えさせられるお話です。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おふくさん』 服部美法さん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット