大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

アーくんとガーくんのでっかいたからもの」 みんなの声

アーくんとガーくんのでっかいたからもの 作・絵:テッド・ヒルズ
訳:木坂 涼
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784097263494
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,884
みんなの声 総数 5
「アーくんとガーくんのでっかいたからもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんと!!!

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    最初読んだ時は私も騙されてしまいました!!!

    てっきり、何かの動物が産まれてくるものとばかり
    疑いもしませんでした〜!

    この二人本当に仲良しなんだな〜と
    喧嘩をしながら、お互いあ〜だこ〜だいいながらも
    ずっと一緒にたまごを温めている姿をみると
    可愛くて仕方ないです。

    オススメの1冊です。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2羽のケンカ

    3歳次女にパパが図書館で借りました。

    アヒルのガーくんとガチョウのガーくんが大きな卵を見つけてケンカをするお話です。「最初にみつけたのはぼく」とアーくん。それに対してガーくんは「ぼくが最初にタッチした」と喧嘩。何だか笑ってしまいます。

    でも最後に小鳥が教えてくれたのは・・・。

    こんなオチだったのかー。次女も笑っていました。とっても可愛い絵本です。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • な〜んだ

    うちの子もたまごだと勘違いしていました。「騙された〜」って言って笑っていたのが面白かったです。実は…大人の私もたまごだと思っていました。このお話の構成にまんまと騙されました。なので、結構面白かったです。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさかの!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    アーくんとガーくんが同時に?見つけた大きな“たまご”。アーくんもガーくんも「じぶんのだ!」と言い合い、お互い譲らず・・・。
    でもその“たまご”を思う気持ちが、いつのまにか所有者争いよりも大きく大事なものになって、「あたためなくちゃ」「赤ちゃんを起こさないように静かにしなくちゃ」「産まれたら色んな事を教えてあげなくちゃ」という、2人共通の夢になっていきました。
    言い争いをしながらも、“たまご”のことを一番に考えて、大切にしているアーくんとガーくんの姿がほほえましいです。

    すると、とうとう、“たまご”がかすかに動きました。とうとう産まれるんだと慌ててパニックになっている様子は、赤ちゃんが産まれるときに慌てちゃう“お父さん”のようで、おかしいのなんの♪

    だけど、そんなときに小鳥がやってきて全てを覆す驚きの言葉をアーくんとガーくんに言い放ちます!

    そんな最後の大どんでん返しに、最初に読んだ長男は素直に驚いてました^^
    でも、その次に次男に読んであげたときは、読み始める前、表紙を見た段階で
    「大きいボールだ〜♪」(素)

    ・・・!
    ラストの面白さを知っていた私と長男、「ち・・ち・・ちがうよ!たまごだよ!ね、おかあさん!」「う、うん!たまごだよ!?」なんて、妙に取り繕ってしまいました。
    読み始めるのはなんとなく「たまご」からじゃないといけない気がして(笑)

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケンカも微笑ましい

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    大きなたまごを見つけたアヒルのアーくんと、ガチョウのガーくん。
    たまごはどちらのものかでケンカになりますが、この様子がまるで人間の子供のケンカみたいで微笑ましいです。
    ずっとお互い怒っているので、娘も「怒ってる?」と心配そうでしたが、2人のたまごに対する愛情は一緒。
    結局仲良くたまごの親になる気満々になります。

    娘に読み聞かせる前に一人で先に読んだのですが、たまごの正体に私も、アーくんとガーくんと同じように目を真ん丸くしてしまいました。笑
    でも驚いたのはそれだけではありませんでした。
    娘に読み聞かせようと最初のページを開いたところで・・・・娘はもう正体を見破っていました。

    聞かなかったことにして、たまごとして読み始めました。笑

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット