うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

わたしがぼくがちきゅうのためにできる10のこと」 みんなの声

わたしがぼくがちきゅうのためにできる10のこと 作:メラニー・ウォルシュ
訳:山本 和子
出版社:チャイルド本社
本体価格:\1,500+税
発行日:2009年01月
ISBN:9784805431511
評価スコア 4.79
評価ランキング 408
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 電気を消し忘れる息子へ

    息子はトイレへ行くたび電気を消し忘れてしまいます。

    困っていたらこの作品を発見したので読み聞かせてみました。

    「電気は消さなあかんなー」「いつも缶は別に捨ててるやろ」「お菓子の箱でお店屋さん作ってるもん」などなど子供ながらに思った事を話してくれたので何か感じてくれたんだと思います。

    これからトイレの後どうなっているのか楽しみです。

    地球がまだはっきり理解できていませんが物を大切にする事は理解できるのでいい作品だと思います。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身の回りの小さなことから

    小学1年の息子たち。
    年末から”お手伝い大作戦”と称した取り組みを学校からの課題でやり始めています。
    自分たちで考えた小さなこと、「靴をそろえる」「食器を片づける」「新聞を毎朝取りに行く」何でもよかったんです。
    そんな我が子は、たやすいと思えた@靴をそろえる@ことも毎日続けることがでず凹んでいました。
    そんな子供たちに、読み聞かせのボランティアの際にこの本を読んで、何か「お手伝い」としてでも、何かのために、誰かのために、自分たちの生きているちきゅうのためにでることへのヒントにできたらなあと思いました。
    だれかに言われてではなく、自分たちで考えて行動できるような子供たちになってほしくて。
    読んだ後、とってもいい反応でした。身の回りのこと、家でできること、感謝の気持ち、いろんな「できること」を思いついたようで目がきらきら輝いていました。
    私たちは絵本を読み聞かせ、思いを伝えることで、子供たちに種をまき、自分たちの力で大きく育っていくことを願うばかりです。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすくていいですね!

    シンプルなしかけですが、よくできています。
    センスを感じます。

    「わたしが、ぼくが、ちきゅうのためにできること」
    とっても簡単なことばかりです。
    でも、とっても大切なことばかりだなって思いました。

    そして、それらをする理由。
    「ちきゅうがだいすきだから。」
    これにもシビれました!

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル

    ちきゅうのためにできる10のことがシンプルに
    描かれています。だから、小さな子どもにもわかりやすく
    実践しやすいのではないかしら。
    「へやをでるとき、わたしは ぼくは・・」
    「でんきをけします」のように。
    ページも様々な形にカットされているので、しかけ絵本
    のようにおもしろいです。
    ただ、一番最後の「なぜかっていうとね」のところ、
    「ちきゅうがだいすきだから」っていうのが、なかなか
    難しいかもしれないなあって思いました。
    ちきゅうがだいすき・・大人でも意識しにくいことを
    小さな子どもは意識できるのかな??
    娘も意識できないと思います。
    でも「誰かにやさしく」ってことは意識できるので
    これからの娘の行動に期待したいと思います。

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3年生の読み聞かせで聞いた絵本です。
    文章は短くて、簡潔。
    まさに、エコの絵本です。わかりやすい。
    なによりほかと違うのは、
    おしゃれな仕掛け。
    絵もすごくセンスがよくて、これはいいですね〜。
    テレビのプラグを抜いてしまうのは
    最近のテレビだと予約とかもろもろ
    都合が悪いかもしれないなあとか思いつつ、
    全体的に楽しく読める絵本でした。
    1冊あると読み聞かせの幅がひろがりますね。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • エコを分かり易く描いた作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    読後感は一言、「これはいい」です。
    2008年のイギリスの作品で、何と英・米・独・伊・韓国など世界19か国同時刊行されています。
    これは、その内容が時代に合っているからに他なりません。
    メラニー・ウィッシュは、「ピィピィなくのはさるだっけ」「ぶたにしましまあったっけ?」等の作品を読んだ事がありますが、絵の色合いとキャラクターに卓越したものが感じられたのに、ストーリー自体が弱かった記憶があります。
    この作品は、その卓越した絵に、秀逸なストーリーが添えられているので文句なしです。

    物語は、
    「へやをでるとき、わたし ぼくは・・・
    でんきをけします」
    という書き出しで始まります。
    そこには、
    「電気をこまめにけしたり、小さなワットにかえると、大切なエネルギーや電力のせつやくになるよ」
    という但し書も添えられています。
    そんなエコに関するショートストーリーが10程あるのですが、どれもが、直ぐ実践できること。
    しかも、何故そうすると良いのかを、分かりやすく説明しているので、お子さんも納得して取り組むこと間違いありません。
    わが国は、昨夏、国中をあげて節電に取組みましたが、この絵本を読んであげていたら、お子さんも喜んで参加したのではないでしょうか?

    一番良いと思ったのは、お絵かきするとき、紙の表裏を使いますというくだり。
    この絵本は仕掛けの要素もあるのですが、実際に両面をお絵かきしたページがあって、実に分かりやすい例示だと思います。

    そして、最後。
    「わたし ぼくは ちきゅうが だいすきだから」
    というコメントで終わるのですが、実に完成度の高い絵本と言えると思いました。

    小さい頃に、こうした良書に出会うことは、とても望ましいことだと思います。
    是非、1度エコを考えるためにも、この作品の読み聞かせをオススメします。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子にも分かりやすいエコ

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子5歳、女の子0歳

    娘が図書館で見つけてきた絵本です。
    表紙の絵のかわいさにひかれたみたいです。
    かわいいお話なのかと思いきや、エコのお話。
    5歳の娘にも分かりやすく書かれていました。
    しかも、難しいことではなく、身近にできることが書かれているので、すぐに実践することができます。

    エコというと、難しい感じもしますが、この絵本のかわいい絵のタッチ、しかけ絵本の工夫されたところ、文字の並べ方などもおもしろい。
    とにかく身近にエコを考えることができる絵本です。
    5歳の娘は、気に入って、何度も自分で読んでいました。
    そして、紙は両面使おう!とかいいながら、お絵かきしていました。

    小さい子にもわかりやすくエコを考えたり、実践したりできる絵本だと思います。

    掲載日:2010/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球。 エコ。

    子供に 地球の事。エコの事を 話すきっかけになりました!

    「もったいないっ!」なんて言ってもまだまだ3歳じゃ
    理解できないとは思いますが、

    やっぱり、これくらい分かりやすい本だと、
    結構理解出来たかな??…なんて思います♪

    中でも、いらない空き箱でおもちゃ・・・
    なるほどっ!!とでも思ったのでしょうか?
    箱で何かを作るようになりました★

    紙の表も裏も使う・・きちんと当たり前の事になってます★

    「大事に使うんだよ」と、言った時
    子供に「どうして?」と、聞かれ

    「紙は木で出来てるから!木がないと空気が臭いんだよっ!!」
    なんて感じで(笑)、話したりしました♪

    やっぱり小さいうちからが大事ですよね。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球のために。

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    地球のためにできる10のこと。
    この絵本では小さな子供でも難しく考えることなく取り組める10の事が書かれています。
    教えようとするものの上手く伝えられなかった事もこの絵本のおかげで伝わりました。
    どれもこれも簡単!!
    しかけが嬉しくて楽しく学ぶ事ができました。
    読み終わった後、できることから実践していってもらおうと子供達に約束しました。

    子供だけでなく大人にも読んでもらいたい絵本ですね!

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供にも分かりやすい!

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    エコは家計にも優しいので出来るだけしっかりやりたいのですが、ママだけが頑張っていても成果は無く、子供に言ってもなかなかやってくれない・・・
    そんな家庭多いと思います!
    「へやをでるときは、わたし ぼくは・・・でんきをけします。」
    なぜ???
    そこが分かっていないとやり遂げられないものですよね?
    わたしは「もったいないから!」といっていましたが、子供は「ふ〜ん・・・」と腑に落ちない様子。
    でも、この絵本はその「なぜ???」に応えてくれるのです。
    なぜ、そうしなければならないのか、それが分かってからは、率先して頑張ってくれています。

    掲載日:2009/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット