キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ぽこさんママさんの公開ページ

ぽこさんママさんのプロフィール

ママ・50代・長野県、女の子10歳

自己紹介
好きなものがたくさん。やりたいことがたくさん。
そのわりに手も遅くお尻も重くなかなか進んでいけない(汗)。
一日が36時間ぐらいあって、睡眠時間が2時間ぐらいで満足できる体だったらいいのになあ。
自分のブログの他に、絵本についてのライター的ブログも書かせてもらっています♪
好きなもの
読書。旅。80年代。文章を書くこと。にゃんこ。コーヒー。温泉。佐野元春。編み物。季節が動いていく瞬間。ツーリング。おいしいもの。山登り。妄想。
ひとこと
娘が小学生になってしまうと、絵本とは少し距離ができてしまいますね(寂)。でもずうっと絵本や児童書、本とかかわっていきたいです。

子どもが生まれて、子どもをだしにして、心おきなく自分が好きな絵本を手に入れることができるようになりとってもしあわせです。子どもも本が大好きになってほしいなあ。できればおんなじ本を読んで、おいしいコーヒーを飲みつつ、おいしいケーキを食べつつ、それぞれの感想を語り合ったりしたいなあ。
ブログ/HP
いろんな旅の記録。読書の記録。日々の妄想。二分脊椎という先天異常を持って生まれた子どもとのおもしろい毎日。などごちゃまぜに綴っています。

ぽこさん本棚その1

公開

ぽこさんママさんの声

2481件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 共感してるのかな?(笑)  掲載日:2017/10/11
グレッグのダメ日記 やっぱり、むいてないよ!
グレッグのダメ日記 やっぱり、むいてないよ! 作: ジェフ・キニー
訳: 中井 はるの

出版社: ポプラ社
娘と図書館に行った時に、いつの間にか娘が借りていました。
グレッグ、あまりにだめだめなので、私はもうあまり読もうと
いう気持ちがなくなっていたのですが・・(笑)。
娘はあのだめっぷりに共感しているのかなあ。

それでも、せっかくあるのだから読みましたよ。
あいかわらずだめだめではありますが、今回のは、「ほんと
しょーもないねえ。だめだめなせいで自分の首をしめてるよね」
と、呆れるだけだったので、悪くなかったです(笑)。
それに、もしかして、グレッグのおとうさんもやっぱり似てる
のかしらん?とも思ったりして、なんとなく微笑ましいような
気持ちにもなって。
結構、楽しかったです(笑)。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 特別な日  掲載日:2017/10/8
月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう?
月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう? 作: 益田 ミリ
絵: 平澤 一平

出版社: 幻冬舎
特別な曜日、銀曜日。
特別だから、普段やらないことをやっちゃおう。
こちこちにこりかたまった大人の私には
思いもよらないことがたくさん描かれていて、
わくわくしながら読みました。
たくさんあった銀曜日にやること、中でも
「おおきなクリームソーダ」が気に入ってしまいました。
私の銀曜日を作って食べたいな。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい この季節に  掲載日:2017/10/4
バーバー・ルーナのお客さま(3) だいすき!カボチャのおくりもの
バーバー・ルーナのお客さま(3) だいすき!カボチャのおくりもの 作: 岡田 貴久子
絵: ふじしま えみこ

出版社: 偕成社
バーバー・ルーナのシリーズ、3作目です。
カボチャが登場するのでこの季節に読むのにぴったり。
特にハロウィン的なお話ではないと思うのですけれど、
元々、不思議な床屋さんですし。
楽しそうなかぼちゃもたくさん登場するから気分が
盛り上がりました。
ルナさんは、でも、変わったかぼちゃはいらないのだなあ。
特別おいしいかぼちゃがあればそれでいいって、潔い感じ
がして素敵だなって思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごくよくわかる  掲載日:2017/10/4
こどものころにみた空は
こどものころにみた空は 詩: 工藤 直子
絵: 松本 大洋

出版社: 理論社
私も精神年齢は小学生(または中学2年生)だと
思うのですが、工藤さんのように大人になっても
子どもの心を持ち続けていて、それを表現できる
ヒトっていうのはすごいなあと思いました(精神
年齢が小学生であっても、こんな風に表現できな
い)。
どれもこれも「小学生の詩」なのです。
「るすばん」なんて、うちの娘か!?(笑)って
感じで、思いっきり読んであげましたよ(笑)。
心に響きました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わかりやすいな  掲載日:2017/10/4
かこさとし からだの本 (10) わたしののうとあなたのこころ
かこさとし からだの本 (10) わたしののうとあなたのこころ 作・絵: かこ さとし
出版社: 童心社
ほんの小さな子どもでもすんなり理解することが
できるような、やさしい言葉とやさしい表現で
書かれています。かこさんは、ほんとにすごいなあって
思います。
よごれたこころのことについては、ちょっと反省させれました。
乱暴な子や、言葉遣いの悪い子と一緒になると、そうなっちゃうよ、
とついつい思いがちな(ともすれば娘に言ってしまいそうな)
私なのです。でも、自分がこころのきれいなひとになって。
そのきれいなこころをしっかりとまけないようにしていれば
よごれたこころの方が、よいこころの方に影響されていくって
こともあるのですよね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分と重ねてるんだね  掲載日:2017/10/4
お願い!フェアリー(8) 海辺の恋の大作戦!
お願い!フェアリー(8) 海辺の恋の大作戦! 作: みずのまい
絵: カタノ トモコ

出版社: ポプラ社
娘がまたもや(笑)、学校の図書館から借りて
きたので、私も読んでしまいました。
主人公のいるかちゃんと、自分とを重ねているのだな、
娘は。そして、気になる男の子と、柳田くんを重ねても
いるのでしょう。小学生女子にとても人気なシリーズと
いうことらしいのだけど、多くの女子もまた、自分や自分が
好きな男の子と重ねながら読んでいるのじゃないかしらん。
今回は、西尾さんの海辺の別荘にみんなでお泊まりだし、
いいなあってうっとりしちゃった女子もきっと多いことでしょう。
柳田くん、かっこいいけど、私は、結構ジジイが好き(笑)。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい フェアリーはどこから?  掲載日:2017/10/4
お願い!フェアリー(9) ファッションショーでモデルデビュー!?
お願い!フェアリー(9) ファッションショーでモデルデビュー!? 作: みずのまい
絵: カタノ トモコ

出版社: ポプラ社
娘が学校の図書館から借りてきました。
「おねフェア(と呼んでいるらしい、小学生女子は)、人気
なんだよ。友達におすすめされたんだよ」と。

確かに小学生女子は好きだろうなあと思いながら、昔の
小学生女子も楽しく読みました。お洋服のこと、好きな男子の
こと、ちょっと怖いクラスメート、優しいクラスメート、と
いろいろとツボにはまるのだろうなって思います。
主人公のいるかちゃんは、どこにでもいそうな小学生だから
共感もおぼえるのだろうし。
「ところで。フェアリーは一体どうしてこのいるかちゃんのところ
にいるの?」(なんとなく、フェアリー、いてもあんまり
意味ないような・・)
「わからないよー。あたしも初めて読んだんだもの」
最初の方の号も読んでみたいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 読みきかせで読みました  掲載日:2017/10/3
絵本あなのあいたおけ
絵本あなのあいたおけ 作: プレム・ラワット
絵: 城井 文
訳: マックス・ウィトル

出版社: 文屋
誰だって、なにかの、誰かの役に立っているんです。
たとえあながあいてしまったおけだって。
あなのあいてしまったおけを庭に運んでくる間に
水はポツポツと流れでてしまいます。でも、流れでた
ところには美しいお花が咲くんですよね。
あったかくていいお話・・ということで、5年生の
クラスに読みきかせをしました。
みんな、しっかり聞いてくれました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う   掲載日:2017/9/14
78円の命
78円の命 作: 谷山 千華
出版社:
犬や猫の殺処分が0となることを願って、クラウドファンディング
で制作資金を募ってできあがった絵本、だそうです。
小学生の女の子が書いた作文が元になっています。
殺処分される動物は処分1匹につき78円お金がかかる・・
命はもっともっと重いもののはずなのにね。

我が家で飼っているにゃんこ2匹も保護猫です。
殺処分の計算でいったら156円の行政のお金が使われなかった
ってことになるのかしら。それ以上の、もっともっと何百万円以上
のしあわせを私達家族はもらっています。

むやみやたらと犬猫を増やしたり、捨てたりするヒトが
少しでも減っていきますように。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぐっときちゃった  掲載日:2017/9/8
捨て犬たちとめざす明日
捨て犬たちとめざす明日 著: 今西乃子
写真: 浜田 一男
取材協力: NPO法人キドックス

出版社:
うまく人間関係を築くことができずに、家にひきこもって
いた人達、それから、捨てられてしまった犬達。そのどちらも
が、しあわせに生きていかれるように、ということを目指して
活動している「キドックス・ファーム」について書かれた本です。
犬と少しずつ信頼関係を築きながらトレーニングを行っていた
人が、だんだんと自信をつけ(犬の方も!)、笑顔が増えていく
様子に触れ、ぐっときてしまいました。犬のためでもあり、人の
ためでもある。どちらも幸せに、っていうのがすごくいいなあと
思いました。
参考になりました。 0人

2481件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

遊びながら芸術に親しむ!タメになる探しもの絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット