たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

はっしゅぱぴーさんの公開ページ

はっしゅぱぴーさんのプロフィール

ママ・40代・滋賀県

はっしゅぱぴーさんの声

1270件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 懐かしい東京!  掲載日:2018/7/27
シティーズ とうきょう
シティーズ とうきょう 作: IC4DESIGN
出版社: 昭文社
3年前まで住んでいた東京!
子どもたちにも私にも
もはや懐かしい!という感じです。
おおざっぱだけど細かく書いてある
東京の街を家族みんなで懐かしみながら
楽しみました。
答え合わせができるのも
すっきりしますね!
大阪や、京都、
そのほか地方都市も作ってほしいです。
国内旅行したくなっちゃうでしょうね!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 野菜のお化けが斬新!  掲載日:2018/7/27
おばけばたけ
おばけばたけ 作: 林 なつこ
出版社: マイクロマガジン社
男の子がおばけだったっていう展開は
知っている絵本の設定と同じだったので
すぐこどもが指摘しました。
ちょっと似すぎ?と思いましたが、
野菜のお化けや呪文は楽しめました。
最後のめいろカレーも楽しんでいました。
参考になりました。 1人

ふつうだと思う やばーいラスト  掲載日:2018/7/27
おべんとうばこあけたらね
おべんとうばこあけたらね 作: 松田 奈那子
出版社: ほるぷ出版
小2と小5に読みました。
幼いかなと思ったのですが試読の段階で
ラストがブラックな感じがしたので
どういう感想が出るか聞きたかったので読みました。
始めはほのぼのとした感じで
なんということもなく聞いていましたが
カエルのところで不穏なものを感じたのか
表情がかわり、飛び出したところで
やばーい!と一言。
で、さらに、生餌を食べるとこは、
やばくない?と。
いや、まあ、それが現実なんだけど。
この擬人化の中に突然の現実。
賛否両論分かれそうだなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 身近な鳥を見直す  掲載日:2018/7/27
とりになったきょうりゅうのはなし
とりになったきょうりゅうのはなし 作・絵: 大島 英太郎
出版社: 福音館書店
恐竜好きな子には常識かもしれませんが
娘二人、恐竜にはまったりもしなかったので
この、恐竜に一番近い生き物は鳥類っていう
事実に読んでいて「そーなのー!!??」と
親子でびっくりしました。
そしてなるほどねと納得。
鳥類は身近なだけに、いろいろ
観察もできて、太古のロマンも感じられて・・・
鳥類を見直すきっかけになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カップケーキ食べたくなっちゃう!  掲載日:2018/7/27
ちいさなエリオット おおきなまちで
ちいさなエリオット おおきなまちで 作: マイク・クラトウ
訳: 福本 友美子

出版社: マイクロマガジン社
まず絵がかわいい!
水玉の小さいゾウだって!と心惹かれました。
でも、このゾウにとっては不便なことがたくさん・・・
そうか、マイノリティーのことなんだなあと
思いました。
今朝、ちょうど、「車いすに乗っている人が普通の世界」という設定の
動画を見たところだったので、ピンと来たのかもしれません。
でも、そんな暗いイメージの本ではないです。
カップケーキがそうさせてるのかなと思います。
見開きのイラストもかわいい!
なんともすてきな絵本です。
子どもたちは、ラストの
ネズミとゾウのシーンでにっこりしていました。
友達ってやっぱり素敵ですね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい まめの家族のほほえましい一日  掲載日:2018/7/25
あさですよ よるですよ
あさですよ よるですよ 作: かこ さとし
出版社: 福音館書店
先日お亡くなりになったかこさん。
この絵本はその追悼コーナーで初めて知りました。
なんともかわいらしい絵本!
まめの家族の一日、
まめの父さんがイクメンで
昔に出た絵本なのに、えらいなあと思いました。
かこさんのこども第一の想いが伝わります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 全自動ふとんシステムがツボ!  掲載日:2018/7/24
ぼくのふとん
ぼくのふとん 作・絵: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
本当にいろーんな布団が出てきます。
こどもはあまり寝るのは好きじゃないのでは?と
思いますが、いろんな布団に
思いをめぐらせるのはとっても楽しい!
のりたけさんならではの
発送の面白さで
笑っちゃう布団がたくさん出てきます。
全自動ふとんシステム、あったらいいな!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 意外な展開  掲載日:2018/7/24
さかさかさ
さかさかさ 作・絵: 浜野木 碧
出版社: 鈴木出版
おちを書いてしまうといけないのですが、
すごく意外な展開です。
ナンセンス絵本というのかしら。
表紙だけでは想像ができません。
少し書くと、小さい傘がわーっと
出てくる画面があるのですが
そこがすごくかわいいです。
梅雨の季節におすすめの絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 地元の電車を思い出す  掲載日:2018/7/24
オレンジいろのディーゼルカー
オレンジいろのディーゼルカー 作・絵: のさか ゆうさく
出版社: 福音館書店
地元の田舎で走っている電車にそっくりで
思わず手に取りました。
なんとも牧歌的な絵本でした。
でも、このくらいののんびりさが
こどもたちにも大人にも必要なのではと
思ってしまいましたね。
今、ものすごくスピードを求められる時代になってしまって・・・
駅名のつけかたの昭和なにおい・・・
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 余韻が欲しい  掲載日:2018/7/21
あのくも なあに?
あのくも なあに? 文: 富安 陽子
絵: 山村 浩二

出版社: 福音館書店
なんともリズムの良い文章で
素敵な絵ともマッチして
夏に読み聞かせたい一冊。
もとが月刊絵本だからか、
経費の都合か、ラスト、裏扉のあとに
もう一枚紙があったらいいなと思います。
余韻が欲しい。
空に思いをはせるページというか。
山村さんのタッチもいつもよりふわっとしていて心地よく、
ずっと見ていたくなる空ばかりでした。
参考になりました。 0人

1270件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

みごたえ満点!船の断面図絵本『ペンギンクルーズ』のはなはるかさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット