新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
おうさまのこどもたち

おうさまのこどもたち

  • 絵本
作: 三浦 太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2019年10月15日
ISBN: 9784033520902

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
20cm×28cm/32ページ

みどころ

続きを読む
おうさまのこどもたち

おうさまのこどもたち

出版社からの紹介

王家に生まれた10人の子どもたち。成長してどんな王・女王になりたいか問われ、それぞれ、すし屋、サッカー選手、農家、保育士、アーティストなど、自分の好きな仕事で人々を幸せにしたいと考えます。さて、王さまのあとをついだのは……? 『ちいさなおうさま』3部作の完結編です。
さまざまな職場のようすがこまかく描かれ、めくるたびに発見がある、楽しい絵本です。

ベストレビュー

「今」の子どもたち

絵本って、ロングセラーがあればいいという
人もいますよね。でも、私は、その時代時代の
子どもたちの置かれている環境下に合った絵本というものも
やっぱり必要だと思います。
この絵本はまさにそんな絵本。
昔では考えられなかった価値観の多様化についての絵本。
ジェンダーフリーについてまでは描かれていませんが
今の子友達の置かれている状況の多様性が
絵本で描かれています。
太郎さんの絵もまたぴったり合っている。
冷たくなく、あったかすぎないというか。
昔はこのテーマをここまでストレートに描けなかったように
思います。もっとオブラートに包むというのが
日本人好みだったというか。
分かりやすいけど、下品じゃない、いい絵本だと思います。
(はっしゅぱぴーさん 40代・ママ )

関連記事

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

おうさまのこどもたち

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 7
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら