モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

げんきでいるからね」 みんなの声

げんきでいるからね 作・絵:鈴木 まもる
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2009年09月
ISBN:9784774611372
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 時の流れ

    捨て犬ポケの出会いと別れを、ポケの目線で描いたお話です。

    拾われたポケが人間の家で出会った、先輩犬ルポ。
    大きく怖く見え、どんな時も一歩先を行くルポ。
    そのうちに肩を並べ、やがてルポは先立っていきます。
    ポケは、ルポの老いも死も理解できず、ルポを待ち続け…。

    2匹の犬の成長(老い)。
    死は理解できなくても、居ない状態を少しずつ受け入れていくポケの変化。
    そして、新しい生命との出会い。

    悲しいというよりは、こうして時は流れていくんだなと思いました。
    そして、遺されたものは、前を向いて歩いていかなければいけないんだ、とも感じました。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な存在

    あら、何か訴えてるワンちゃん
    ん???
    「だんろのまえで」の
    鈴木さんの作品です

    で、表紙開いてすぐに
    えっ!?
    捨てられてたの?
    かわいそう・・・
    ポケちゃんは、その悲しみを背負っているから
    最初は怖そうなルポちゃんに振り回されてるけど
    “一緒にいること”“寄り添うこと”を
    体感したんですよね

    で、「居ない」ということ
    そして、最初から出ている鳥さん

    死から生へ
    ポケちゃんが小さいものを
    慈しみながら
    一生懸命生きていくことですね
    ルポちゃんは、見守ってくれてます

    それにしても・・・
    ヘビさんを銜える様子・・・
    うちのMixのゼンさんとそっくりです
    ゼンさんは、しっかり殺して土に埋めてしまいますがね・・・

    そういう攻撃的な絵も
    なんともほんのりしてしまうタッチの絵も
    素敵です

    作者さんご自身のやさしさが伝わる絵本だと思います

    掲載日:2013/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • テーマは命のつながり

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    捨て犬のポケの目を通して見た、ルポや小鳥の命のつながりを描いた作品です

    ルポが年老いて歩けなくなるころから、ちょっぴり重い空気に・・・
    幼い犬だったらこんな風に感じるのかな…?

    そしてルポの小屋に巣作りする小鳥から、新しい生命の誕生が、ポケをたくましくしていきます

    こうして繋がりあうことで、強くなっていくんですね

    人もまた同じ
    大事なテーマだと思います

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近な人の死は、なかなか受け入れることが出来ないで、ひょっとしたら間違いだったのでは?と思ってしまいたいものです。ルポちゃんは、老犬だから命を全うしたと思うし、ポケちゃんと一緒に暮らすことが出来て幸せだったと思いました。小鳥さんたちを蛇から命を守ることも上手く出来たし、ルポちゃんはポケちゃんに上手く伝授できて満足していると思いました。ポケちゃんのルポちゃんを慕う優しさがじんじん伝わってきて切なくなってしまいますが、裏表紙で三人で小鳥さんを眺める絵にとても温かい気持ちになれました。亡くなっても、いつも傍で見守っていてくれるんだと思いました。

    掲載日:2011/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 死を理解するのって難しいね。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    ぼくの名前は、ポケ。
    山の中の道端に捨てられていたのを、拾われた。

    でも、そこには大きな犬、ルポちゃんがいた。
    ルポちゃんは、最初は恐かったけど、すぐ優しくなった。


    ポケとルポちゃんは、ずっと一緒に暮らしていたんだけど、
    ルポちゃんが、突然いなくなります。
    ポケは、死が理解できなかったんです。

    なんだか、小さい子どもと一緒のような気がしました。
    子どもだって、死を理解するのって難しいですよね。
    今まで一緒にいた人が、突然いなくなって、これからずっと、
    そばにいないってわからなくて、あちこち探してしまう。

    ポケも、ルポちゃんを探します。
    悲しいな。切ないな。


    ある日、ルポちゃんの犬小屋に、鳥さんが巣を作り始めます。
    最初理解できなかったポケも、お手伝いします。
    そして・・・

    時は、否応なしに過ぎていきます。
    その中で、新しい命が誕生し、ポケも成長していきます。

    いつかは、ルポちゃんの死も理解する日が来るのでしょうか。

    掲載日:2011/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • いのちのリレー

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子10歳、男の子8歳

    文章が犬の立場で書かれているので、本当なら何が起こっているのか分かるのだけど、ボクが犬なので少しオブラートに包まれている感じで書かれています。

    それは、一緒に住んでいたルポちゃん。

    最初は怖かったけれど、だんだん仲良くなって、守ってくれて、とても楽しかったのに、ある日突然いなくなっちゃった。

    でも、ルポちゃんがいなくなって寂しい気持ちは残っているけれど、また新たな出会いがあります。

    私達人も動物も、そうやって命をつないでいくんだなあと思いました。

    子供も読み終わって、ちょっとしんみりしていました。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 2
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット