もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

負けるなユリカここにあり」 みんなの声

負けるなユリカここにあり 作:長崎 源之助
絵:太田大輔
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1987年12月
ISBN:9784036353705
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「負けるなユリカここにあり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読み終わると題名に納得!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    すっごくいい本でした。
    出版社からの表示によると、小学校高学年向けの児童書のようです。

    主人公のユリカが、ちょっと気になる男の子高木君の薦めで、
    俳句を始めます。
    最近、同居を始めたユリカのおじいちゃんも俳句をやっていて、
    ユリカはおじいちゃんととってもいいじじ孫の関係になっていくんですよ。所がいろいろと問題が起きてきて…。

    最後におじいちゃんにユリカが耳打ちする
    『おじいちゃん 負けるな ユリカ ここにあり』は、小林一茶の名句をユリカがとっさに真似したものですが、物語をここまで読むと、どんな気持ちでユリカがこういったのか、おじいちゃんがこう言われたことで、どんなに救われただろう。と、不覚にも涙が出てしまいました。

    個人的な好みの問題かもしれないけれど、この作品はたくさんの人に読んでほしい。
    出来たら、子どもたちだけでなく、子育て中のお父さん、お母さんに読んでほしい。と、思います。
    というのも、この物語は一見「俳句」という地味に聞こえるテーマで、おじいちゃん・おばあちゃんと孫たちのつながりを描きつつ、
    現状の子どもたちの生き場(生き方)を見つめていくという描き方をしている上、
    年老いた親と子育て世代の息子のあり方も様々と見せつけられました。
    子育て世代の私たちは、とかく子どもたちのことばかりに頭がいってしまいますが、
    私たちを育ててくれた親の生き方を、この作品を読んでもう一度考え直さなくては!と、己の反省してしまいました。

    最近はいろいろなところで、読書に対する低年齢化が言われています。
    本来、小学生向けの童話で、少し昔なら小学校に入ると誰も競ってが読んでいた名作童話(例えば「エルマーとりゅう」「長靴下のピッピ」とか…)今は高学年になっても手に取ってくれなくなってきています。
    実際今の小学生の子が、本屋や図書館でこの本を見かけて、手に取るか?と聞かれたら、何の情報もない状態でしたら、まず取ってくれない気がします。
    なので、この本をブックトークして、子どもたちに宣伝したいなと、思いました。紹介するなら、小学校の高学年から中学生くらいにいいかな?と思います。

    そして、出版社の方にお願いです。
    こんな素敵な児童書がこのまま埋もれていかないように、
    ちょっと汚いやり方ですが、今どきの子どもたちが手に取ってくれるようなヤング向けの表紙に変えるなどして、
    ぜひぜひ宣伝出版し続けてください!

    掲載日:2009/12/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット