おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

イチゴはともだち−みつける・たべる・そだ」 みんなの声

イチゴはともだち−みつける・たべる・そだ 作・絵:下田 智美
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年06月
ISBN:9784034374207
評価スコア 4.14
評価ランキング 18,359
みんなの声 総数 6
「イチゴはともだち−みつける・たべる・そだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • キイチゴって、こんなに種類があったんだ。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    「しぜんとともだちになろう みつける・たべる・そだてる」のシリーズの1冊で、イチゴを特集したものです。
    イチゴの中でもお店で見かける栽培されているイチゴではなく、野原に咲くキイチゴに焦点を当てています。
    子どもの頃は、その辺に咲いているキイチゴをとって洗って勝手に食べたこともありますが、最近の関東地方の住宅地できいちごを見かけることはあまりないように思います。
    なので、キイチゴがこんなにも種類があるなんて知りませんでした。
    地方によってもいろいろ個性があって面白いです。
    解説も、添えられている図(絵)も細かいので、読み聞かせなどには向きませんが、ブックトークなどでテーマに合わせて紹介してみたい1冊です。

    掲載日:2017/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 木イチゴ図鑑のよう。

    先日、同じシリーズの『木の実とともだち』を読んで、子供が気に入ってこちらも図書館で借りてきました。
    今回は『イチゴ』のお話。
    普通の普段私達が食べているイチゴのことも載っていますが、木イチゴのほうががメイン。
    日本全国の木イチゴのイラストと説明が書かれていて、木イチゴ図鑑と言ってもいいくらいの感じです。

    うちの子は主人公の女の子(小人?妖精?)の住む、木を繰り抜いて作られた家に興味津々。
    細かく描かれていて、見ているだけでワクワクしてくるような可愛らしい家です。

    毎年、家の近くに木イチゴがなるので、なんていう種類なのか、今度良く観察してみようと思いました。




    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしそう。

    いちごが大好きな息子に。と思ったら普通のイチゴではなくて
    ちょっと肩すかしでした。
    でも、このシリーズとにかく絵が可愛くて美しい。
    そして知らなかったことが満載なのです。
    今回のレシピもどれも美味しそうで作りたくなるものばかりでした。
    それにしても、この子のおうち是非訪ねてみたい。

    掲載日:2010/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • いちご博士になっちゃうよ!

    日本全国のいろいろなイチゴの紹介と
    その特徴について図説も交えながら詳しく説明されて
    そのイチゴの調理法も楽しく描かれた絵本です。

    子どもたちの不思議を優しく、そして楽しく
    主人公の小さな女の子の調査を通して分かりやすく
    読み進められるのではないでしょうか?
    イチゴをご家庭で栽培するときにでも、参考の絵本にするのもいいですね。

    是非、シリーズで読み進めたいです♪

    掲載日:2007/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑に近い絵本が好き

    • 佐保姫さん
    • 30代
    • ママ
    • 秋田県
    • 女の子4歳

    ものすごい偏食の娘。
    とにかく食べません。くだもので唯一食べるのがイチゴなんです。
    もともと図鑑系の絵本は好きなのもあるのでしょうが、このシリーズで一番欲しがったのはこれです。(あとキノコを買えば、全部制覇です。こちらは秋に購入予定)

    さまざまなイチゴを妖精(多分)の女の子が紹介します。
    イチゴって大きく分けて三種類あるんです。
    オランダイチゴ・ヘビイチゴ・キイチゴ。

    日本各地にどんなイチゴが生えているかも描かれています。
    それにしてもイチゴって本当に種類が多いんですね。

    イチゴの育て方やお料理レシピもあります。
    ものすごく充実した絵本ですよ。

    さてさて、娘ですが、当然のことながら、森に摘みに行きたいといいました。えー、そんな山ぶかいところ、と思いましたが、意外や意外に都会にもあるところにはあるんですね。
    もみじイチゴ発見。でも学校の校庭だったので遠慮しました。二人で一緒に見て、ちょっと幸せな気持ちになりました。

    掲載日:2006/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強って本来こんなものかも?

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    かわいらしい女の子や動物たちのイラストに惹かれ、長女が借りてきました。読んでみて、びっくり!お話の本だとばっかり思ってたら、理科(生活科)の勉強の本でした。
    イチゴの種類や生えてる場所、育て方からイチゴを使った料理に至るまで、これ一冊でイチゴ博士になれそうな、イチゴ好きにはたまらない本かもしれません。
    図鑑のページを理解できるのは、小学校中学年くらいかもしれませんが、お話と絵を楽しんだり、イチゴ料理を作ったりは、年長さんくらいから、大丈夫かと思います。
    興味のあることを調べる、本来、勉強ってこんなふうに、楽しいことかもしれませんね。

    ひとつ残念なのは、かわいい主役の女の子の名前が出てこないこと。まあ、イチゴちゃんとでもしておきましょうか?

    掲載日:2003/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット