しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

トロルのなみだ」 みんなの声

トロルのなみだ 作:リン・ストッケ
絵:ハンス・ノルマン・ダール
訳:やまのうち きよこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2001年06月
ISBN:9784033278209
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「トロルのなみだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • トリムは北の森に住む元気なトロルの子供  大好きなお父さんと魚釣りに行ったり お父さんに おじいさんの事や いろいろなことを聞くのが 大好きでした
    トロルの決めた規則は 涙を流さないこと 悲しいことがあっても、なみだをのみこんでしまうのです
    それは、苦しいことです!(トロルの約束は厳しいですね・・・・)

    ある時 大好きなお父さんが重い病気になって死んでしまうのです
    その時 涙の粒が お父さんの目から流れたのです
    トリムは その涙をポケットに入れて みんなに分からないように森に逃げていくのです
    トリムは どんなに辛かったでしょうね!
    お父さんが 死んだら 涙をなだしてもいいのに・・・・・

    トロルの規則でこらえるのです(私は 父が 無くなり荼毘に付されるとき大きな声で泣きました 泣きました。涙がかれるほど・・・・)

    トリムは 森で なみだに出会うのです!
    このお話の中で トリムは いろんな事を教えられるのです

    そして ひみつの色のことを知るのです
    涙を流したときお父さんが大事にしていたアネモネの灰色の花が 晴れた日のあおぞらの色に変わったのです

    この感動を、みんなに伝えるのです

    涙を流したら みんなが笑顔になったのです!

    何という不思議 
    このお話は 感動でした! トリムは 大好きなお父さんを亡くしたけれども、お父さんはいつも一緒にいてくれると知ったのです

    すごい! このお話のように 涙を流したいときは流し 又 元気をもらって生きていく
    このことは 私も 体験しました! トロルのトリムと同じです
    感動です!
    長いお話ですが  ノルウェーのトロルのお話は 私たち人間にも通じる ステキなことを教えてくれました
     トリムのながした涙の絵を見ると 涙が出てきますが・・・・

    おやゆびのこけが生えてちょっぴり大人になったトリム ガンバレ!

    応援しているよ!

    ストーリーをたくさん書いてしまいましたが、是非本を読んでみてください!
    良いお話ですから お奨めします!

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット