しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

サンタが空から落ちてきた」 みんなの声

サンタが空から落ちてきた 出版社:WAVE出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年12月
ISBN:9784872903270
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,639
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスファンタジー

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    本物のサンタクロース、人間のこども、クリスマス泥棒のクリスマスファンタジー作品です。
    商業主義になっているクリスマスへの批判を感じました。私自身、高価なものを買えばそれだけでいい気になっていたかも、とちょっと考えさせられました。
    本来のクリスマスのためにがんばる本物のサンタ ユレブックが外見こそ若いひょろ長いサンタのイメージとは違うサンタですがいいなーと思いました。
    長靴を脱がされるとサンタはチョコレートになってしまう設定が印象的でした。
    サンタと言えばトナカイは浮かぶのですが、コボルトや天使はあまり浮かびませんでした。
    日本以外のクリスマスのことは知らないので他の国のクリスマスにも興味が出ました。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世間一般のイメージのサンタとは違います

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    面白い発想で描かれているな。と、思いました。
    なぜって、世間一般にイメージされている「白ひげが長く、かっぷくのいいおじいさん」なサンタ。は、悪いサンタ『ヴァルデマール』のイメージで、本当の、サンタはひょろひょろの若い(パッと見ちょっと情けなさそうな)ユレブック(主人公のサンタ)だった。という設定。

    ユレブックの住まいはキャンピングカーだし、トナカイはどこかにいっちゃうし、口の悪い妖精たち(でも心は優しい)は登場するし、子どもたちがイメージしている「サンタ」とは違います。
    たった一つ、見た目に関係ない「サンタ」らしさは、子どもたちが「大好き」ってこと。
    それは作品の中にとてもよく描かれていました。

    ヴァルデマールに命を狙われながらも、子どもたちに夢を届けようとするユレブックのサンタらしさが胸にきました。

    あと、「サンタの長靴を脱がせちゃうと、サンタはチョコレートになっちゃう」という奇想天外なせっても楽しかったです。
    作者自身が描いているイラストがたくさん載っているし、
    文字のレイアウトも、とても読みやすいので、小学校中学年くらいからお薦めしたいです。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット