ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

こぎつねキッペのあまやどり」 みんなの声

こぎつねキッペのあまやどり 作:今村 葦子
絵:降矢 なな
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2002年06月
ISBN:9784591072769
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 雨の日の遊び

    突然の大雨で、遊びを中断して木下で雨宿りします。
    雨って何処にも行けなくなるし、つまらないですよね。
    それが、ある事がきっかけで水遊びになり・・・最後は誰だか解らないぐらい真っ黒の泥だらけになって遊びます。
    読んでいても、楽しんでいる様子がとても解り友達っていいな。と感じました。
    挿絵も多く、とても読みやすいシリーズで子どもも大好きです。
    読み終わると、心が温まる内容なんです。
    今はまだ読み聞かせで読んでいますが、小学生ぐらいになったら自分でも読んでくれるようになるといいです。

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 特別な思い出

     娘が5歳の頃に大好きだった「こぎつねキッペ」のシリーズ。何年ぶりかで読んでみました。
    キッペも森のなかまたちも、相変わらず無邪気に跳ね回っています。
    そう、こんな雨の日でも!

     静かに雨宿り・・・のつもりが、気がつくと、泥だらけの、大騒ぎ! 
    もう誰が誰なのか、元の姿もわかりません。ここまで思いっきりどろんこになれたら、さぞかし気持ちがいいでしょうね〜。
     「ぼくは、ぜったいに わすれないぞ」と思うキッペの気持ちも、よくわかります。どこか遠くに旅行をしたとか、ポピュラーな遊園地に行ったとか、そういう記憶以上に、何ものにも代えられない特別な子ども時代の思い出として、いつまでも心に残ることと思います。

     娘の学校でも、毎年、この季節になると、高学年の生徒たちが田植えをする前に、低学年の子たちが田んぼの中で豪快に泥んこ遊びをします。そのときの弾けるような笑顔を思い出しながら、キッペたちの「あまやどり」をいっしょに楽しみました。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット