クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

はろるどのふしぎなぼうけん」 みんなの声

はろるどのふしぎなぼうけん 作・絵:クロケット・ジョンソン
訳:岸田 衿子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1987年3月31日
ISBN:9784579402441
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,323
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 本当に不思議な冒険だ〜!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    ずいぶん前に古本屋さんでGETしたのに、読む機会がなく、本棚に眠っていました〜(苦笑)。

    び、びっくりです!
    想像以上に、おもしろかった〜♪
    バレーの練習で疲れて眠そうだった次女が、途中から、しゃっきり起き、身を乗り出してくるくらい、おもしろかったです☆(読んでる私自身も・・・。)

    どう見ても、赤ちゃんに毛が生えたような男の子=はろるどが、かべにシンプルな絵を描いていくのですが・・・いつの間にか、絵の中を冒険してるんです!
    その冒険というのが、なんだかとっても不思議で、ユニーク。
    遠近法なんか使うから、はろるどが巨人になったり、小人になったり・・・。

    今まで、ありそうでなかった表現力?!うまく説明できないのがもどかしいです〜(苦笑)。
    ぜひ、皆さんも、この絵本を手に取って、不思議な冒険の世界に行ってみてください♪

    どうやったら家へ帰れるか?小石にこしかけて、考え出した答えに、次女も私も大笑い!

    子どもにもウケルけど、実はすご〜く哲学的で、大人にも色々考えさせられる不思議な絵本でしたよ〜!

    掲載日:2008/04/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵を描くって、なんて楽しそう!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    絵って、こうやって描いていくんだ!という驚きがありました。
    絵を書きどんどん想像をふくらませることで、冒険をしていくはろるど。
    何て楽しい!
    絵を小さく描けば自分は巨人に、大きく描けば小人になる。当たり前のことなのに、こんなにはりきって絵を描いたことないから、おぉ!と発見したような気になりました。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何十年も前の作品とは思えない!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳の息子が図書館で選んで借りた一冊
    とてもシンプルなように見えて
    懐かしい雰囲気のイラスト、
    ですが、話の世界がぐっと広がる技が
    たくさんちりばめられていて、
    なんだか新しさを感じてしまう本でした。

    息子もすごく楽しく読めたようで、
    連続で読んで読んでと持ってきます。
    絵を描くのがすきなので、
    「壁にかいちゃダメだよねー」とかいいながら
    ニコニコで、自分なら◯◯をかく!とか
    何色で書く!とか想像をたくさん膨らませながら
    よんでいます。

    大人がみても、パラパラ漫画のようで、
    ちょっとクスッとできる展開もあって
    奥深さすら感じれるところもありました。
    息子が選ばなければ手に取る機会がなかった
    一冊かも!いい出会いができました。

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先に動画を見させて。。

    こちらの絵本ムービーで息子がすごく気に入ったので
    絵本も購入してみたのですが。。。
    動画が本当によくできていて、スルスル〜っと
    クレヨンで描かれてゆく様がとても面白かったようなんですが
    そのせいか、絵本のほうは反応イマイチでした(汗
    いや、みないということはなく
    ちゃんと最後までお話は聞いてくれるのですが
    それほどのお気に入りにはなりませんでした
    動画の印象が強かったようです。
    絵本ありきの動画だとまた違ったなのかな?なんて思ったりしました。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いのまま!

    「かべに えを かきたくなった」
    線を描き、家を描き、町を描き…、思いつくままに絵は広がっていきます。
    絵なんだけど、描いたものにのぼったりおりたり、飛んでくるものを避けたり。
    描くものだって、大きさだって、思いのまま、気に入らなければ取消し。
    そこは、自分だけの世界。上手いも下手も関係なし。
    ただ絵を描く、それだけなので、誰でも楽しめる世界ですよね!
    はろるどになってみようかな…。

    読み終わったら、絵が描きたくなる。
    そんなお話です!

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとに不思議なんです!

    私が子供のころに好きだった本です。
    実家で息子に読んだところ、息子も気に入って何度も読まされました。

    ハロルド以外は紫一色の世界なのに
    こんなに広い世界が創り出されるなんて感動です。

    大きかったはずなのに、いつの間にか小さくなってて…
    井の中の蛙的な意図も感じられて奥が深い絵本です。

    3歳の息子もこの不思議な世界のとりこになったようです♪

    掲載日:2011/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠近法がおもしろい

    これは、ほんとに不思議な冒険。
    ちっちゃな、それこそ赤ちゃんに見えるような小さなハロルドが、紫のクレヨン1本で、どんどん自分のいく先を作っていく。
    書いた絵が本物になる、っていうちょっとわくわくする感じもあり...そして、遠くに行ったり近くに行ったり、遠近感をうまく利用して、はろるどはいつの間にか、小人みたいになったり、巨人のようになったりしてします。
    平らな紙にくりひろげられるマジックのようで楽しいです。
    よく見たら、巻末に「はろるどとむらさきのくれよん」という絵本もあるみたいで、どうやらシリーズものらしい。ほかの本も読んでみたいです。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の色が気に入ったのでこの絵本を選びました。主人公が一生懸命になって書いている姿が美しかったです。主人公が自分の心に任せてどんどん行動しているのが素晴しいと思いました。1本の線がどんどん風景や物を作り出していく姿がダイナミックで魅せられました。創造力を掻き立てられる絵本です。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魔法のクレヨン

    はろるどは、紫の魔法のクレヨンを持ってます。

    いつもハロルドが寝る前に眠たくなるまで、魔法の紫のクレヨンを持っ

    て冒険に出かけます。

    はろるどは自由自在にお出かけできます。

    必死にお絵かきして楽しそうに進んで行くので惹かれてしまいます。

    あどけない顔ですが真剣にお絵かきしているので夢中になってしまいま

    す。

    掲載日:2010/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか本当にふしぎ!!

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    絵がとっても上手で大好きな男の子はろるど。
    かべに絵を描き始めます。家を書き町を書き、そして道を書き。
    どんどん書いていくうちにはろるどは絵の中に入ってしまうのです。
    どこまでが絵の中でどこまでが現実の世界なのか分からなくなってしまうほど。。。
    とってもふしぎなお話です。
    多少分厚い本ですが1ページに書かれている文章はとても短いので幼稚園児年長ぐらいから楽しめると思います。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「にじいろのさかな」シリーズ <br>編集者インタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット