だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

くまの アーネストおじさん アーネストがころんだ」 みんなの声

くまの アーネストおじさん アーネストがころんだ 作・絵:ガブリエル・バンサン
訳:もり ひさし
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784892388392
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,736
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大丈夫?

    アーネストの大ピンチです!!
    そんな場面で頑張ったのは、セレスティーヌでしたね。
    いつもは、甘えっ子でちょっぴりわがままなセレスティーヌ。
    ところが、アーネストのためにテキパキと行動しているではありませんか!
    セレスティーヌの成長した姿が、嬉しかったです。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて読みました

    初めてこのシリーズを読みました。
    とても可愛くてちょっとしょっぱくて、胸が苦しくなる場面もあり。

    2人がとても仲良しで思いやりをお互い持っているということが伝わってきました。

    関係が分からないまま読んでしまったので、夫婦?親子?一体どんな関係だろうとモヤモヤしましたが他の方のレビューを読ませていただいて納得しました。

    できれば順を追って読み聞かせてあげたいと思います。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやり

    くまのアーネストおじさんシリーズです。

    いつもアーネストおじさんに世話ばかりかけているセレスティーヌです

    が今回はアーネストおじさんの危機を救い親身にお世話をして心から

    心配している姿に感動しました。

    楽しみにしていたジェロームにいちゃんの結婚式には出席出来なかった

    ですがセレスティーヌの成長を喜びたいと思いました。

    アーネストおじさんを慰めたりして立場が逆になってしまいました。

    大切に育てた甲斐があったと思った場面でした。

    血のつながりなんて関係ない、一緒に生活をしていて親子の絆で結ばれ

    いるアーネストおじさんとセレスティーヌだと思いました。

    お互いに信頼しあって思いやりがある素敵な親子関係を築いているなあ

    って思いました。

    掲載日:2010/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 主人公

    同主人公が登場する絵本を以前にも読んだ事があり親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。主人公が転んでも親身になって心配してくれる人がいるのはとても幸せなことだと思いました。心細い気分になっても傍に大切な人がいるお陰で気分がリラックスしている主人公の気持ちをとても上手に絵に表現しているのが良かったです。ますます主人公が好きになりました。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • セレスティーヌがおしゃまに成長。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    「くまのアーネストおじさん」のシリーズです。何作目なのかはよく分かりません。

    セレスティーヌが、おしゃまな女の子に成長しています。
    ここにきてアーネストは老化が進んだのでしょうか?(まだまだ若い?くま年齢って、毛で覆われているので、今イチ見分けがつきませんね)

    怪我をしたために、せっかくの結婚式に出席できなかったのは残念ですが、セレスティーヌとの家族愛も深まって、ドラマのあるお話でした。
    で、名前だけの登場「ジェローム兄ちゃん」とは、いったい何者?
    う〜ん。他の作品に登場しているのでしょうか。気になります。

    こちらの作品はカラーが付いているので、ドラマティックなストーリー性の本が好きなお子さんなら、小学生くらいから、楽しめるかと思います。

    掲載日:2009/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 順番に読んだほうがいいかも

    ここの絵本に出てくる登場人物の心の動き。
    とても高度なんですね。
    すねたりふくれたり、がっかりしたり落ち込んだり。
    自分も情けない気分だけど、がんばって相手を励ましたり。
    それも、ころころ変わるので、
    まだ幼い息子には、ちょっとお話についていくのが大変だったようです。
    また、母は、
    「ええ? 結婚式をすっぽかすの?!」
    ちょっとあきれてしまいました。

    でも、お互いがお互いを支えあう姿には、心を打たれます。

    やはり、この絵本は、ちゃんと一作目から、
    順をおって読んだほうがいいだろうな、と思いました。
    我が家では、これを最初に読んでしまったのですが、
    別のお話を読んでいれば、この意味が分かったかも、
    というシーンがいくつか出てきましたから。

    掲載日:2006/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • セレスティーヌの成長

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子4歳

    いつもはアーネストにわがままを言ったり甘えたりしているセレスティーヌが、この作品では大活躍をします。ころんで怪我をしたアーネストを介抱し、家に連れて帰るのです。それだけでなく、落ち込んでいるアーネストを元気づけて楽しい気分にしてくれるのです。

    常に前向きで、楽しいことが大好き、生活を楽しむことを知っている、そして、常にお互いのことを思いやり、感謝の心を忘れない、なんてすてきな二人なのでしょう。でも、誤解しないでくださいね。恋人同士ではありません。親子ですから。アーネストが赤ちゃんだったセレスティーヌを拾って大切に育てて来たのです。
    始めは取っ付きにくいシリーズですが、1作読むごとに虜になってしまいます。

    掲載日:2004/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット